« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

何がおこるか和夏蘭会

何がおこるか和夏蘭会
「怪談 何がおこるか和夏蘭会」

於:上野広小路亭

一、18:30〜19:00
「トーク」笑福亭和光・桂夏丸
一、19:00〜19:35
「借家怪談」笑福亭和光

仲入り
一、19:45〜20:20
「江島屋怪談」桂夏丸
一、20:20〜20:50
「四谷怪談」神田蘭

29日は和夏蘭会。実質は3年半ぶり2回目。
何がおこるか和夏蘭(わからん)ってナニが起こるのかと云うと、特に何がおこるって訳では無いのだけれど、まぁ強いて言えば、音響の不具合が有ったってところでしょうか。

なにはともあれ怪談特集なので、お岩様の祟りや何かが有っては不味いのだが、無事に終わってホッとしました。

私は三遊亭円朝作の「江島屋怪談」を演らせて頂きましたが、今回は客席を暗転にして舞台だけのスポットにしたり、鳴り物も入れたりして見ました。
やはり雰囲気が出て良いですね。

蘭ちゃんの四谷怪談の評判がかなり良かったみたいですし、和光兄の借家怪談は、東京で云うお化け長屋なのですが、上方版は少し違っていて、可笑し怖かったです。

蘭ちゃんが随分とお客様を呼んでくれましたので助かりましたし、当日券のお客様も何人かいらっしゃり、予想してたよりも多くの方にお越し頂き少し気も楽になりました。


自分も集客を頑張らないといけませんね…。


帰る頃には凄い雨が降って居ましたが、これは「お前にはまだ早い」と云う円朝師匠の涙雨でしょうか?


30、31日は、末広亭の昼・橘ノ双葉さんの代演に行って参ります。

ラフ/可龍会

ラフ/可龍会
26日はA太郎氏の落語会「ラフ」にゲストとして呼ばれて行って参りました。

大江戸線の麻布十番で下車。東京タワーの見えるビルの8Fで行われる落語会。
こんなロマンチックな場所で落語を演るのは初めてで、嬉しかったです。

会場に着くと、主催者のイタチマチさん、A太郎さん、見に来た鯉八さんと羽光さんが居まして、しかもUstreamの中継も有り、いささか緊張イタチマチた。

A太郎さんとのトーク後、私が「おすわどん」、A太郎さんが「井戸の茶碗」を熱演しました。
どうやら侍特集だったようです。

帰りに、A太郎、鯉八、羽光各師と食事をして帰りました。色々と芸について話が出来ました。
後は売れるのみです。

夜中の清澄白河から森下まではA太郎さんと二人で歩きました。

A太郎さんありがとう。
またよろしくお願いします。

翌日(27日)は、2日ぶりの日本橋亭。

可龍兄さんの「可龍会」に出演させて頂き、「稲川」を勉強させて頂きました。
可龍兄さんは「野晒し」と「お菊の皿」、遊吉師匠は「源平盛衰記」、柳好師匠は「禁酒番屋」でした。

出演者全員、眉毛に特徴が有ります。
あと、皆さん着物が素敵でした。

可龍兄さんありがとうございました。
またよろしくお願いします!

2011年7月28日 (木)

二つ目勉強会で言われた事

二つ目勉強会で言われた事
25日は日本橋亭に於て、二つ目勉強会が有りました。

今回の指南役は、三笑亭夢太朗師匠で有りました。

自分は「唐茄子屋(政談)」を勉強させて頂きました。

高座終了後は、お待ちかねの批評。
何ヶ所か噛んだ処、「噛んだりするのは別に悪い事では無い。綺麗にスラスラ喋っても、“はい良く出来ました”と云う感想しか持てない。大事なのは腹で喋る事だ、心だ。」
と言われました。
後は、
・江戸っ子の了見をもっと掘り下げる/突き詰める事
・吾妻橋の場面について
・天秤の担ぎ方
・お前はホントに若旦那が合う

等と言われました。


一、転失気 瀧川鯉津
一、元犬 桂宮治
一、孝行糖 昔昔亭桃之助
一、三方一両損 三笑亭月夢
一、両泥 三笑亭可龍(ゲスト)
仲入り
一、夢の酒 三笑亭朝夢
一、俗曲 檜山うめ吉
一、唐茄子屋 桂夏丸


終演後、二つ目前座が夢太朗師匠にご馳走になる。
ありがとうございました。

※お知らせ(明日!)
■29日(金)18:30〜20:45
怪談 何がおこるか和夏蘭(わからん)会
会場:お江戸上野広小路亭
料金:予約2000円/当日2300円
内容:笑福亭和光;借家怪談、桂夏丸;江島屋怪談、神田蘭ちゃん;四ッ谷怪談
※余興付き
予約専用メール:h9000ctv4bft8ibx7jtn@docomo.ne.jp

第5回中野島音楽祭〜トニワン落語会

第5回中野島音楽祭〜トニワン落語会
第5回中野島音楽祭〜トニワン落語会
第5回中野島音楽祭〜トニワン落語会
23日は昼間、川崎市多摩区中野島へ。
地元の米多朗師匠に司会の仕事を頂く。

第5回 中野島音楽祭「好きです 中野島」

サミット前ステージで、浴衣を来て司会(米多朗師匠も同じ時間帯に別の場所で司会)

・中野島和太鼓クラブ 風
・笠川良明&KazzKam(ポップス)
・イザナギTaRo(クラッシッククロスオーバー)
・ピテカントロプスエレクトス(J-POP)

交通整理のスタッフの方が志ん朝師匠に似ていた。

最後のピテカントロプスエレクトスの皆さんは、何と地元の小学校の先生達のユニット。夏休みに入ったばかりの小学生がビッチリと集まる。

米多朗師匠にご挨拶して、一度帰宅。


準備をして、こんだは東大島へ。

都営新宿線の東大島駅を降りると、夏祭りをやって居る。一瞬、中野島に戻ってしまったかと思う。


「第4回 トニワン落語会」
一、後生鰻 桂夏丸
一、青菜 橘ノ圓満
仲入り
一、代り目 橘ノ圓満
一、富士詣り 桂夏丸

終演後、圓満夫妻と何時もの中華屋さんへ。
ご馳走様でした。
そして、家まで送って頂く。
ありがとうございます。またよろしくお願いします。

次回は10月22日(土)です。

※お知らせ(明日です!)
■29日(金)18:30〜20:45
怪談 何がおこるか和夏蘭(わからん)会
会場:お江戸上野広小路亭
料金:予約2000円/当日2300円
内容:笑福亭和光;借家怪談、桂夏丸;江島屋怪談、神田蘭ちゃん;四ッ谷怪談
※余興付き
予約専用メール:h9000ctv4bft8ibx7jtn@docomo.ne.jp

こちらでも予約受け付けて居ります。

2011年7月23日 (土)

夏丸・雷太だしぬけ二人衆

夏丸・雷太だしぬけ二人衆
19日は昼間、浅草演芸ホールへ。用足しを終え、メトロで広小路亭。此処でも用事を済まし、大江戸線で帰宅。
汗をかいたので、シャワーを浴び、浴衣を替える。

名古屋場所は10日目。大関の魁皇が力無く負けて7敗目。
花道を引き上げる姿が、引退してしまいそうな雰囲気を出して居る。


…両国亭へ。

第22回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆

一、スリル 春雨や雷太
一、置き手紙 桂夏丸
仲入り
一、後生鰻 桂夏丸
一、茄子娘 桂夏丸
一、青菜 春雨や雷太

米丸師匠が昔演って居た、古城一兵先生作の置き手紙。こう云う哀愁の有る昭和の新作が好きだ。
後生鰻は短いので、茄子娘も。田舎の夏の情景を巧く出したいもので有る。


大関魁皇が引退を表明したとの事。
これに伴い、昭和に初土俵を踏んだ関取は皆無となる。
魁皇は一時代昔の力士の生き残りだった為に、これで、ひとつの時代が終わってしまった寂しさを感じる。


今日(23日)は、昼間は米多朗師匠と「第5回中野島音楽祭」の司会、夜はトニワン落語会です。


お待ちしております。

■第4回 トニワン落語会
19:00〜20:45
東大島・トニワンショッピングセンター2F
1000円
橘ノ圓満、桂夏丸(各2席)

2011年7月18日 (月)

夏TEN

夏TEN
17日はらくごカフェの「夏TEN」に、きつつきさんと共にゲスト出演して来ました。

夏TEN〜四年目のから騒ぎ〜“勃発!TENvsTWO真剣(ガチ)バトル”

私の同期(2003年入門)は、自分が所属して居る落語芸術協会にはおりません。同じく、圓楽一門会のきつつきさんも一門内の同期はおりません。

それに比べ、落語協会には10人もの同期がおり(TEN)、そのライバルユニットとして誕生したのが、夏丸・きつつきのTWOであります。
今日は初めての両チームによる対決。

一、浮世床 古今亭菊六
一、アパートの男 三遊亭きつつき
仲入り
一、締め込み 柳亭こみち
一、稲川 桂夏丸
総合司会:鈴々舎馬るこ


同期って素晴らしい(*^∇^*)

終演後、滅多に揃わない三派の同期で打ち上げ。

皆様どうもありがとうございましたm(__)m
これからもよろしくお願いしますぅ。


さて19日はだしぬけです。
お待ちしております。
■19日(火)19:00〜21:00
第22回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆
会場:お江戸両国亭
料金:当日1500円
内容:桂夏丸;置き手紙、他一席/春雨や雷太;スリル、他一席
※売上の一部を、東日本大震災の義援金とさせて頂きます。


写真:吉田みちこ

2011年7月13日 (水)

二つ目昇進

二つ目昇進
平成19年9月1日新宿末広亭夜の部《桂夏丸二つ目昇進披露目初日》の自分の高座の音源を聴いてみた。
演目は「玄関の扉」だった。妙に声が高かった。
恥ずかしかった。

2011年7月 3日 (日)

7月の落語会・寄席出演予定

7月の落語会・寄席出演予定
桂夏丸
7月の落語会・寄席出演予定(東京及び東京近郊のみ)


【寄席】
■7月の寄席出演予定はありません。


【落語会】
■8日(金)19:30〜21:00
第4回 桂夏丸研究会
会場:神保町 らくごカフェ
料金:予約1500円/当日1800円
内容:“夏丸夏噺”
桂夏丸;唐茄子屋、酢豆腐、他一席
予約先:e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp


■17日(日)19:30〜21:30
夏TEN〜四年目のから騒ぎ〜第3部
会場:神保町 らくごカフェ
料金:当日2000円/他
内容:“勃発!TENvsTWO真剣(ガチ)バトル”
古今亭菊六、柳亭こみち、桂夏丸、三遊亭きつつき/司会:鈴々舎馬るこ
予約先:e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp


■19日(火)19:00〜21:00
第22回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆
会場:お江戸両国亭
料金:当日1500円
内容:桂夏丸;置き手紙、他一席/春雨や雷太;スリル、他一席


■23日(土)19:00〜20:45
第4回 トニワン落語会
会場:東大島・トニワンショッピングセンター2F
料金:当日1000円
内容:橘ノ圓満、桂夏丸(恐らく各2席)


■25日(月)17:30〜20:30
芸協若手特選会“二つ目勉強会”
会場:お江戸日本橋亭
料金:前売1500円/当日2000円
内容:(出演順)前座、昔昔亭桃之助;孝行糖、三笑亭月夢;三方一両損、ゲスト;三笑亭可龍、三笑亭朝夢;夢の酒、俗曲;檜山うめ吉、桂夏丸;唐茄子屋
※前売券有ります。


■26日(火)19:30〜21:00
L+A+U+G+H!(ラフ!)
会場:麻布十番 dreamlab
料金:2000円
内容:昔昔亭A太郎、ゲスト;桂夏丸
問合せ:0359268693


■27日(水)17:30〜20:30
芸協若手特選会“可龍会 顔”
会場:お江戸日本橋亭
料金:前売1500円/当日2000円
内容:三笑亭可龍(2席)、三遊亭遊吉、春風亭柳好、桂夏丸、北見翼


■29日(金)18:30〜20:45
怪談 何がおこるか和夏蘭(わからん)会
会場:お江戸上野広小路亭
料金:予約2000円/当日2300円
内容:笑福亭和光;借家怪談、桂夏丸;江島屋怪談、神田蘭ちゃん;四ッ谷怪談
※余興付き
予約専用メール:h9000ctv4bft8ibx7jtn@docomo.ne.jp


◆お問い合わせ及びお仕事の依頼等は、コメント欄・メール・夏丸携帯09072228704迄お願いします。


どうぞよろしく。

2011年7月 2日 (土)

鏡味味千代→雷門花助

鏡味味千代→雷門花助
鏡味味千代→雷門花助
25日は弘明寺の横浜南寄席。大岡地区センター。

一、動物園 三遊亭ありがとう
一、富士詣り 桂夏丸
お仲入り
一、妾馬 古今亭菊春

30日も横浜へ。真夏のような暑さ。


その前に午前中は総武線、つくばエクスプレスを乗り継ぎ南千住駅へ。

駄句だくの吟行会。

今日の行き先は素盞雄神社。
今日が俳句初体験の味千代さんと散策。もちろん駄句だくも初参加。


他のメンバーも順次神社へ集合。

しかし自分は途中で抜け、急いで横浜伊勢佐木町へ。

伊勢佐木木曜寄席。

開演5分前に何とか到着。

係の人に、「出囃子は何にしますか?」とCDを出される。
ギリギリの場合、「武蔵名物」か「木賊刈り」で上がりたくなる。

一、一眼国 桂夏丸
一、船徳 雷門花助

終演後、隣の蕎麦屋で花助兄さんにご馳走になる。
ありがとうございます。


写真は素盞雄神社の味千代さんと、珍しく私服姿の花助兄。私服姿は60年振り位に見た。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »