« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月26日 (月)

完全燃焼

完全燃焼
25日、午前中から西新宿の芸能花伝舎へ。

今年も、芸協らくごまつりのホール落語会担当になった私は、ホール落語会チケット発売日初日である今日は電話番。

11時からのチケット発売開始と同時に、ジャカジャカ電話が鳴りまくる。

11:00〜18:00迄5〜6人の芸人で、何百回という電話対応に追われる(因みに、チケット予約の電話対応をしているのは全て、噺家・若手太神楽師・俗曲師等です)。

夕方辺りからは頭がぼんやりして来る…。

事務所内にはTVが有り、大相撲秋場所千秋楽の映像が淡々と流れている。
琴奨菊関の大関昇進は確定的のようだが、優勝出来なかったのが悔しかった。残念。


18:00で本日の受付は終了。


帰りに、紀伊国屋書店に寄り、本を数冊購入。

①完全燃焼〜大関魁皇1047勝の軌跡〜(西日本新聞社)

②土俵の矛盾〜大相撲 混沌の中の真実〜(舞の海秀平)

③大相撲八百長批判をわらう〜幼稚な正義が伝統を破壊する〜(玉木正之)

④大相撲八百長の研究〜その仕組みと歴史〜(田端良彦&相撲愛好会)

⑤落語評論はなぜ役に立たないのか(広瀬和生)

駅からの帰宅途中、三保ヶ関部屋前を通ると随分と賑やかだ。千秋楽打ち上げパーティーが終わったところの様である。


喜怒哀楽の交錯する、千秋楽の両国が大好きで有る。


《お知らせ》
■27日(火)19:00〜21:00
第23回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆
会場:お江戸 両国亭
料金:当日1500円
内容:桂夏丸;当日発表2席、春雨や雷太;道灌・饅頭こわい

※奇数月開催のだしぬけですが、9月の会をもちまして終了します。

来年からは、2・5・8・11月の年4回開催となりますので、ご了承下さい(来年のみ2月→1月に変更)。

2011年9月19日 (月)

寿輔ひとり会

寿輔ひとり会
寿輔ひとり会
16日は上野広小路亭、第15回寿輔ひとり会へ。

山遊亭くま八「芋俵」
桂夏丸「青い鳥」
古今亭寿輔「しりとり都々逸」
仲入り
チャーリーカンパニー「コント」
古今亭寿輔「天狗裁き」


開演前のモギリには寿輔師匠自らが立ち、打ち上げでは寿輔師匠自らが動き回るという、その名の通りの「寿輔ひとり会」。

私は前座の頃に一度出させて頂きました。5年振りの出演です。

その時も「青い鳥」(三遊亭圓右 作)だったのですが、いずれの時も寿輔師匠のリクエストであります(まぁ前回の平成18年は、寿輔師匠の師匠の圓右師匠が亡くなった年でも有りました)。

ちなみに寿輔師匠は、ひとり会だと一席はいつもの派手な着物、もう一席は普通の着物を着る時も有るらしいのですが、私の時には、二回とも二席、黄色い着物でした。

いつかは、地味な衣装も見てみたい物で有ります。

2011年9月16日 (金)

月の良い晩は

月の良い晩は
草津の帰りに実家に寄りました。

群馬の秋は涼しいかと思いましたが、意外に暑いです。

夜は流石に涼しいけどね。

幼なじみの山崎氏と、先月に引き続き夜中のドライブ。

東吾妻〜中之条〜渋川〜前橋(旧富士見村)〜渋川〜東吾妻。

今晩はは月明かりで、どこに居てもほんのりと明るいです。

赤城山の裾野の高台から観る前橋高崎の街並みは、ずいぶん広かったです。

夜はどんどん更けて行きますが、月明かりの庭では、鈴虫などが賑やかに鳴いて居ります。

本日は東京に戻り、寿輔ひとり会に出演します。

2011年9月13日 (火)

橘ノ圓師匠〜浅草ヨビ

橘ノ圓師匠〜浅草ヨビ
橘ノ圓師匠〜浅草ヨビ
11日は、午前中に八潮市の家庭料理の店・圓師匠宅へ。
噺の稽古に伺いました。

八潮駅前再開発により、行く度に道が変わっております。
しかし、年々師匠宅迄の所要時間が短くなっている気がします。

稽古の後、おかみさん特性山盛のカレーライスを2杯頂きました。

その後、近所の人達を呼んで昼食会が始まりました。

そこでも、秋刀魚と寿司と焼き鳥と果物を頂きました。

かなり満腹。
しかしどう云う訳か太れません。

愛猫のマリーちゃん、カウンターでサンマ定食を注文して待ってます(写真)。
マリーちゃん♀、ウチのマル♂にそっくり(#^.^#)

昼食会が終わる頃には、皆いい心持ち。

圓師匠もご機嫌です(写真)。

断っておきますが、私はお稽古に行ったのでありまして、決して遊びに行った訳ではございません。

その後失礼し、つくばエクスプレスで浅草へ。

夜ヨビですが、昼トリの笑遊師匠の上がる前に着いてしまいました。

ついでなので、浅草の着物屋に行ったりしました。


夜トリは遊吉師匠です。

ハネた後、遊吉師匠にご馳走になりました。
ありがとうございます。

朝から動いて居たので、すっかり眠くなってしまいました。

2011年9月10日 (土)

第5回桂夏丸研究会

第5回桂夏丸研究会
6日から7日にかけては、前座の頃の疲れが今頃になって出ましたもので、24時間寝て居りました。


8日は神楽坂の居酒屋「竹子」にて、第105回竹ちゃん亭落語会。
私が入門した年から毎月続いて居る落語会。
本日も100人以上のお客様。

桂夏丸「三枚起請」
宮田陽・昇「漫才」
抽選会


9日は、池袋演芸場蘭ちゃんの代演後、らくごカフェへ。

「第5回 桂夏丸研究会」

〜男と女〜
桂夏丸「茄子娘」
桂夏丸「おすわどん」
仲入り
桂夏丸「三枚起請」

この会の前身であった、「品格のある落語会」を加えると、通算16回目(うち1回は体調不良の為中止)。

やる度にお客様の数が減って行きます。

終演後、いつもはお越し下さったお客様にご挨拶するのですが、今回はとてもその様な精神状態では無かったもので、済みませんでした。


次回11月で、この会は辞める事にします(*^o^*)/~

一人なので気合が入っている分、空回りした時は余りにも辛いもので。


他にも様々な会をやって居りますが、来年以降は数を減らして継続して参ります。

今まで毎回の様に、又は一回でも足を運んで下さったお客様、ありがとうございました。
初期の頃やっていた、打ち上げを目的にお越し下さっていたお客様、今考えるとありがとうございました。
一度もお越し下さらなかったお客様、興味を沸き起こす存在になれずに済みませんでした。


《次回ご案内》
■11月28日(月)19:30〜21:00
第6回 桂夏丸研究会
会場:神保町・らくごカフェ
料金:予約1500円/当日1800円
内容:桂夏丸;三人旅通し(神奈川宿〜鶴屋善兵衛〜おしくら)・他1席
予約先:e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp

2011年9月 8日 (木)

TWO/金子屋落語会

TWO/金子屋落語会
4・5日とも広小路亭の後、ワキへ。


4日は第7回 TWO。

於;らくごカフェ

三遊亭きつつき「万病円」
桂夏丸「小言幸兵衛」
仲入り
桂夏丸「道灌」
桂三木男「天狗裁き」
三遊亭きつつき「壺算」

TENの三木男さんが飛び入り出演。

「道灌」は、前座の稽古用の為に有るような噺で、別に面白くも無いし、聴いてても難しくて何言ってるか良く分からない噺…と、今でも思うので有ります。

だけど、…なんか好きなんだよなぁ。
だから、時々演りたくなるのです。
不思議だね。


5日は群馬境町のそば処金子屋さんへ。

第159回 金子屋落語会〜小蝠・夏丸二人会〜

柳家小蝠「鈴ヶ森」
桂夏丸「三枚起請」
仲入り
桂夏丸「青い鳥」
柳家小蝠「質屋庫」

深谷駅で小蝠兄と合流、主催者の車で会場へ。

駅の段差でつまづき、小蝠兄がコケました。只でさえ足の悪い兄さん、大丈夫でしょうか?
人がまともに転ぶのを、久々に見ました。

陽気なお客さん。満員でした。

私は1年ぶりの出演ですが、小蝠兄は13年ぶりの出演だそうです。…なかなか面白い主催者です。
何しろ朝の4時に起きて、自転車で伊勢崎から渋川までサイクリングし、8時に伊勢崎に戻って来るそうです。恐れ入ります。

またよろしくお願いします。


※広小路亭高座
1日「茄子娘」
2日「後生鰻」
3日休
4日「道灌」
5日「粗忽長屋」
6日替「道灌」


《お知らせ》
■9日(金)19:30〜21:00
第5回 桂夏丸研究会“男と女”
会場:神保町・らくごカフェ
料金:予約1500円/当日1800円
内容:桂夏丸;三枚起請・おすわどん・他1席
予約先:e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp

2011年9月 7日 (水)

浴衣ざらい( かたばみ会)

浴衣ざらい(<br />
 かたばみ会)
浴衣ざらい(<br />
 かたばみ会)
3日は歌舞伎町の「鍋茶屋」で行われた、端唄千本流の浴衣ざらいの司会へ。

会主は千本流 副家元の千本扇福師匠です。

朝夢兄さんに頼まれて行って参りました。

端唄の会の司会は勿論初めてですし、12:00〜17:30迄の長丁場。
18:00〜20:00迄は、宴会のカラオケ大会の司会もやったので、クタクタになってしまいました。
カラオケ大会では、私も挨拶代わりに、3曲ばかり唄いました。

端唄の時はビシッとして居られた御姐さま方も、カラオケが始まると別人の様に踊り狂っておりました。

家元の扇雪師匠が江東区の東陽町にお住まいとの事で、帰りはタクシーで木場迄送って下さいました。

2011年9月 4日 (日)

誤報のお詫び

誤報のお詫び
本日は、高座に上がっただけで笑いの起こるきつつきさんと、高座に上がって喋り出しても笑いの起きない夏丸の、対照的な同期の二人会が有ります。

私のミスで、18:00開演と19:30開演の2つの情報が流れてしまいましたが、19:30開演とさせて頂きます。
お詫びと訂正をさせて頂きます。何卒よろしくお願い致します。

ご来場お待ちして居ります。

■4日(日)19:30〜21:30
第7回 TWO
会場:神保町・らくごカフェ
料金:予約1800円/当日2000円
内容:桂夏丸・三遊亭きつつき(各2席)
予約先:e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp

2011年9月 1日 (木)

9月の落語会・寄席出演予定

9月の落語会・寄席出演予定
桂夏丸
9月の落語会・寄席出演予定(東京及び東京近郊のみ)


【寄席】
■1日(木)〜5日(月)12:15〜12:35頃
上野広小路亭
(昼席;11:45〜16:30)
料金:2000円(大人)
主任:桂歌助
※3日(土)休→鯉斗/6日(火)鯉斗→夏丸


【落語会】
■4日(日)19:30〜21:30
第7回 TWO
会場:神保町・らくごカフェ
料金:予約1800円/当日2000円
内容:桂夏丸・三遊亭きつつき(各2席)
予約先:e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp


■5日(月)18:00〜20:30
第159回 金子屋落語会
会場:境町・そば処金子屋
料金:2000円(要予約)
内容:柳家小蝠;質屋庫・他1席、桂夏丸;三枚起請・他1席


■8日(木)20:00〜21:00
竹ちゃん亭落語会
会場:神楽坂・居酒屋竹子
内容:桂夏丸・宮田陽昇


■9日(金)19:30〜21:00
第5回 桂夏丸研究会“男と女”
会場:神保町・らくごカフェ
料金:予約1500円/当日1800円
内容:桂夏丸;三枚起請・おすわどん・他1席
予約先:e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp


■16日(金)18:30〜20:30
古今亭寿輔ひとり会
会場:上野広小路亭
料金:前売2000円/当日2500円
内容:古今亭寿輔、チャーリーカンパニー、桂夏丸


■27日(火)19:00〜21:00
第23回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆
会場:両国亭
料金:当日1500円
内容:桂夏丸;2席、春雨や雷太;道灌・饅頭こわい

以上、よろしくどうぞ。

お仕事お待ちして居ります。

はなし塚まつり〜夏の寄り合い

はなし塚まつり〜夏の寄り合い
31日は協会の寄合でした。
先ずは本法寺へ。

昨年の31日は公式の法要は無く、和光・蘭ちゃんと3人で温泉に行っておりました。

2年ぶりのはなし塚でしたが、何だかあっという間です。

その後浅草ビューホテルへ移動し、寄り合いです。

司会は歌春師匠でしたv(^^)v

歌丸会長のご挨拶。

歓談の後は、余興。

圓満兄さん、前座のくま八、小曲、明光、昇也さん達による楽しい余興、ありがとうございました。

私も、鯉○・鯉和・明楽・風子・夢七・伸乃介・圓雀各師匠の物真似をさせて頂きました。

お開きの後は、二つ目会による打ち上げへ。

夕方まで居酒屋に居ました。

その後、花助兄・花・翼・味千代さんと初めて、花やしきに行きました。

ジェットコースターは、別の意味で怖かったです。
お化け屋敷は怖く有りませんでしたが、味千代さんの悲鳴と花さんの笑い声が怖かったです。
びっくりハウスは、ビックリしない変わりに気持ち悪くなりました。

再び二つ目会に合流し、鯉橋兄さんが私の昭和歌謡を聴きたいとの事で、カラオケに移動しました。

私は、岡晴夫・三浦洸一・増井山・三波春夫等を唄いました。
三波先生の俵星玄蕃はネタ下ろしだったので、いささか混乱しながら唄いました。途中に入る浪曲の部分が大変でした。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »