« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

小文治十八番創りの会

小文治十八番創りの会
30日は、「第35回 小文治十八番創りの会」のお手伝いをさせて頂きました。

師匠ありがとうございます。

前座は、独特の味わいが有るとかで注目されて居る柳亭明楽さんでした。

柳亭明楽「垂乳根」
桂夏丸「開帳の雪隠」
桂小文治「時そば」
−仲入り−
江戸家まねき猫「物真似」
桂小文治「明烏」

お囃子:古田尚美


明楽さんと、携帯のアドレスを交換してから帰宅しました。


【会のお知らせ】
「第2回 夏丸演芸館」
日時:平成24年2月7日(火)19:30〜21:10
場所:新宿西口・ミュージックテイト西新宿店
料金:予約1500円/当日1800円
予約TEL:0120277902
予約メール:info@musicteito.co.jp
内容:桂夏丸(二席・他)、春雨や風子(一席)

芸協をこれからもひとつ宜しくお願い致します。

桂夏丸

2012年1月30日 (月)

普天王引退稲川襲名披露大相撲

普天王引退稲川襲名披露大相撲
普天王引退稲川襲名披露大相撲
普天王引退稲川襲名披露大相撲
29日は、相撲漫談の一矢先生にチケットを頂き、二人で国技館に普天王関の引退相撲を観て来ました(因みに前日は岩木山引退相撲で、今日のモギリは岩木山関でした)。

花相撲を生で観たのは初めてだったので、色々と面白かったです。

本場所よりもお客さんが多くて、いずみちゃんの人気の程を伺えます。


11:00〜16:00の間に、相撲甚句(もちろん琴仁成さんも出てました☆)・初切・髪結実演・横綱綱締め実演・櫓太鼓打分・十枚目取組・幕内取組などの様々な余興が有り、断髪式はその中程に行います。

やくみつる氏が大きな拍手を浴びて居りました。

しかし我々は断髪式の間、2階の食事処「雷電」で軽く一杯やって居りました。
最後の出羽海親方によるトメ鋏には間に合いました。


去年産まれたばかりの普天王関の赤ん坊を抱いての、横綱白鵬の土俵入りも良かったです。
力士に抱いて貰って土俵入りをした赤ん坊は、丈夫に育つと言われています。


一矢先生今日はありがとうございました。

5月は、大関魁皇の引退相撲に参ります。

終了後、急いで両国からJRで新宿へ。末広亭の蘭ちゃんの代演です。

引退相撲のマクラから、開帳の雪隠を演りました。

しかし、客席の一番後ろで里光兄さんそっくりな顔の人が、首から上だけを前の椅子の背もたれに乗っけて居て、本人かと思って気になって居たら、噺を少し間違えてしまいました。


床屋に寄ってから帰宅しました。

心地よい疲れの一日と成りました。

2012年1月29日 (日)

トニワン落語会

28日は、東大島での圓満兄さんとの「トニワン落語会」でした。

19:00〜21:00
桂夏丸「課長の犬」
橘ノ圓満「高砂や」
−仲入り−
橘ノ圓満「ラブレター」
桂夏丸「一眼国」


開演前に圓満兄にジュースをご馳走になり、終演後に圓満兄に中華をご馳走になりました。

ありがとうございました。

次回は、4月21日(土)19:00〜トニワンショッピングセンターで開催します。
4月21日、覚えやすい日ですね。妹の誕生日です。


今日は、相撲漫談の一矢先生と国技館へ「普天王引退年寄稲川襲名披露」を観に行き、その後新宿で京子/蘭ちゃんの代演、その次に床屋に行こうと思っておりますm(__)m

2012年1月28日 (土)

歌で綴る昭和の時代vol.1

歌で綴る昭和の時代vol.1
歌で綴る昭和の時代vol.1
歌で綴る昭和の時代vol.1
27日は、林家たけ平・桂夏丸の「歌で綴る昭和の時代Vol.1」でした。

お陰様で、好評のうちに終了しました。

〜演芸テーマ;相撲〜
於;お江戸両国亭

神田真紅「越の海」
林家たけ平「花筏」
桂夏丸「稲川」
−仲入り−
桂夏丸
・そんな女のひとりごと
・月がとっても青いから
・憧れのハワイ航路
・旅の夜風
林家たけ平
・酒場にて
・お富さん
・野球小僧
・三味線ブギ

ゲスト;琴仁成
・相撲甚句

助演女優;神田真紅


二人が歌い、真紅ちゃんが歌声喫茶でお茶を飲みながらぼんやり聴くと云う、一風変わったシチュエーションにしました。

トリは、スペシャルゲストの琴仁成さん(佐渡ヶ嶽/写真)による本物の相撲甚句でビシッと締めて頂きました。

遠くからわざわざ有り難うございます。


5月頃に第2回目を考えて居りますので、また宜しくお願いします。

2012年1月26日 (木)

飛び入りゲストが急遽決定!!

飛び入りゲストが急遽決定!!
明日の会に、スペシャルゲストが参加出来るとの事です。

■27日(金)19:00〜21:00
林家たけ平・桂夏丸の「歌で綴る昭和の時代Vol.1」
〜演芸テーマ;相撲〜
会場:お江戸両国亭
料金:予約1500円/当日2000円
内容:第一部−演芸(林家たけ平「花筏」、桂夏丸「稲川」、神田真紅「越の海」)/第二部−昭和歌謡(たけ平・夏丸「究極の9曲」)
予約先:takehei_hayashiya@yahoo.co.jp
※前半は毎回テーマを決めて一席ずつ。後半は懐メロ好きな二人が、昭和歌謡を真面目に唄います♪
因みに第一回目のテーマは「相撲」です。


ゲストは、佐渡ヶ嶽部屋の力士であります「琴仁成」さん(写真)です。
相撲甚句を披露して下さるそうです。
プロの相撲甚句をどうぞ御堪能下さい。

2012年1月25日 (水)

千秋楽

千秋楽
千秋楽
22日の昼間は、双葉ちゃんに頼まれ、彼女の住む豊島五丁目団地へ。

王子駅で下車すると、前日の線路沿いの大火事の現場が目の前でした。

団地迄は、バスも乗り場も沢山有りすぎて良く分からないのでタクシーで。

巨大な団地で、5000戸?以上有るとか言ってました。

まるで米丸師匠の、団地をモデルにした昭和の新作落語の舞台みたいです。
団地内の自治会館みたいな処での新春演芸会でした(写真)。


桂夏丸「つる/歌謡ショー」
あすかグループ「大正琴」


とても良く笑ってくれました。

帰宅すると、双葉ちゃんから電話が有り、これから初場所の千秋楽に行かないかと誘われました。
元力士の旦那さんも一緒だったので、関係者入口から入れました。

これより三役にギリギリ間に合いました。
やはり千秋楽は熱気が違います。

結び終了後、双葉ちゃんと旦那さんは尾車部屋千秋楽打上へ。
自分は表彰式と、その後の神送りの儀式(写真)迄見ました。
これで、初場所の土俵上の行事は全てが終わりです。

外に出ると、真冬の両国には大勢の人が集まり、大関把瑠都の優勝パレードが始まるのを今か今かと待って居ました。

2012年1月24日 (火)

かわせみ亭ちゃりてぃ寄席

21日は、一年で最も寒いとされて居る「大寒」でありました。
前回、可女次兄さんに呼んで頂いたかわせみ亭は一昨年の7月で、一年で一番暑い時期でした。

対戦相手は前回が宮治さん、そして今回も宮治さんでした。

於;喜多見・かわせみ館
桂宮治「元犬」
桂夏丸「稲川/歌謡ショー」
仲入り
桂夏丸「後生鰻」
桂宮治「お見立て」


自宅から距離的には遠いですが、奇跡的に乗り換え一度だけの便利な場所でした。
バスの終着駅を降りると其処は、かわせみ館の入り口で有ったのです。


※お知らせ
■24日(火)19:00〜21:00
第24回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆
会場:お江戸両国亭
料金:1500円
内容:桂夏丸「馬の田楽」他一席、春雨や雷太「品川心中」他一席

2012年1月16日 (月)

新春カラオケ

新春カラオケ
新春カラオケ
新春カラオケ
4日夜は、秋葉原のカラオケに行きました。

お誘いの電話を頂いたので行きました処、自動的にカラオケ部に入部して居りました。

部員は落語好きの方数名と、噺家の柳家三之助兄さん、柳家喬之進兄さん、柳亭こみちさんらしいです。

喬之進兄さんはAKBの歌を全部振り付けつきで唄っていて、ウケました。

私は、増位山の歌を振り付け無しで唄いました。良く考えたら、初めから有りませんでした。
あとは、渡哲也、霧島昇、香西かおり、市丸、美ち奴等を唄いました。
そして、演歌・ナツメロ部門担当に成りました。

最後に、皆さんと新年の手拭い交換をして帰宅しました。

また有るそうなので参加したいと思います!

お正月の寄席

お正月の寄席
お正月の寄席
お正月の寄席
今年の正月、初席は新宿と広小路、二之席は浅草と国立に出演して居ります。

ネタは、正月は基本的には同じ物で通しますがね。

二之席中日の15日は、浅草16:40の出番でした。

高座時間は約210秒です。

その後に、トリの米丸師匠迄残ったりします。
楽屋に居る時間の方が圧倒的に長いです。

着物の袖が綻びてしまったので、お囃子の祥子姉さんとみち子姉さんに直して頂きました。ありがとうございます。


せっかく浅草迄来て、短い高座終わって電車で帰るのも?な感じなので、最近は浅草から両国の家迄40分ほどかけて歩いて帰ります。

真冬の夜、隅田川沿いは寒いですが、40分有れば長い噺なら一席、そこそこの噺なら二席稽古出来ます。

この前も稽古しながら、同愛記念病院の横を抜け国技館に出て、木戸口を見たらまだ初場所のチケットが売れ残って居ました。

2012年1月 3日 (火)

わたしの年末年始

わたしの年末年始
わたしの年末年始
わたしの年末年始
・28日納会…余興で色々な芸人の物真似。あまりウケず。
夜、双葉ちゃんとカラオケ。双葉と仁支川峰子は似ているが、当人なかなか受け入れず。一度帰宅、人形町で和光兄、蘭ちゃんと忘年会。

・大晦日…早朝、八潮の圓師匠宅へ。大掃除の手伝い。
午後は東中野の米丸師匠宅へ。
終了後再び圓師匠宅へ。カラオケ。最高得点は93点。
マリーちゃんカワユス。
終了後、圓満兄の車で王子、双葉寅之輔を降ろし、江東区の自宅まで送って頂く。

平成24年元旦…先ずは上野広小路亭。11:10〜11:20の高座「つる」。
終了後東中野の米丸師匠宅へ。新年のご挨拶。米丸師と末広亭へ。
第一部終了後、ウチの師匠に食事をご馳走になる。最中に震度4の地震。
第二部主任の歌丸師匠まで残り、枝太郎兄と新年会。

帰宅後日本の話芸、春風亭柳昇師匠の「与太郎戦記」。鳥肌が立つ。私の中で第四次柳昇ブーム到来か?

伍代夏子・坂本冬美・藤あや子・香西かおりの番組に林家花さんが出て居る。驚いて、思わず紙とハサミを用意してしまう。番組終了後、使わなかった紙とハサミをしまう。

・2日…末広亭11:52〜11:55高座「葛根湯医者」

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »