« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

6月の落語会・寄席出演予定

6月の落語会・寄席出演予定

桂夏丸
6月の落語会・寄席出演予定(東京及び東京近郊のみ)
 
 
■寄席
11、12、17、20日の17:00頃(夜の部)
新宿末広亭6月中席《昼の部12:00〜16:30/夜の部17:00〜21:00、入替なし》
料金:2800円
※上がり時間は変更になる場合があります。
夜の部主任:桂竹丸(11日に永六輔出演)
 
 
 

 
 
■2日(土)18:00〜
会場:池尻大橋・薮亭(そば屋)
料金:?円
内容:桂夏丸(1席)、桂枝太郎(2席)
 
 
■5日(火)19:30〜21:30
第4回 夏丸演芸館
料金:予約1500円/当日1800円
予約e-mail:info@musicteito.co.jp、または桂夏丸本人
内容:桂夏丸(二席・歌)、春風亭べん橋(ゲスト、二席)
 
 
■6日(水)14:00〜16:30
横浜・にぎわい座有名会
会場:桜木町・横浜にぎわい座
料金:3000円
内容:桂夏丸、三遊亭遊三、春風亭栄枝、林家のん平、林家今丸、大空遊平・かほり 他
 
 
■13日(水)19:30〜21:00
ろ夏仙
会場:神保町・らくごカフェ
料金:予約1500円/当日1800円
予約e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp、または桂夏丸本人
内容:桂夏丸、柳家ろべえ、鏡味仙花
 
 
■14日(木)18:50〜21:00
第42回 人形町らくだ亭
会場:水天宮前・日本橋劇場
料金:前売2500円/当日2900円(全席指定)
内容:柳家さん喬「船徳」、露の新治「大丸屋騒動」、春風亭一朝「蛙茶番」、桂夏丸「茄子娘」
 
 
■16日(土)16:00〜17:30
横濱橋通商店街寄席
会場:阪東橋・高橋薬局
料金:無料
内容:桂夏丸、桂歌助、桂歌若
 
 
■22日(金)19:30〜21:30
第10回 TWO
会場:神保町・らくごカフェ
料金:予約1800円/当日2000円
予約:e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp、または桂夏丸本人
内容:桂夏丸、三遊亭きつつき(各二席)
 
 
■28日(木)19:30〜21:00
第7回 深川森下落語会
会場:森下文化センター4F和室
料金:1000円
内容:桂夏丸、昔昔亭桃之助、ゲスト=昔昔亭A太郎
 
 
 
 
 
どうぞ宜しくm(__)m

駄句だく〜だしぬけ二人衆

駄句だく〜だしぬけ二人衆
29日は、昼間は上野広小路亭で俳句の会、夜は両国亭で雷太さんとの二人会でした。


駄句だく会には、久々に参加しました。
いつの間にか、後輩が入って居ました(くま八さん、味千代さん、竹のこさん)

今回の兼題は「浴衣」他4句でしたが、自作で点が入ったのは

・夕立の来るやうな空我一人

・駄菓子屋に昭和の影を見る夏日

の二句でした。


一旦帰宅して準備、今度は両国亭に行きました。

《第25回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆》
春雨や雷太「雑俳」
桂夏丸「天災/雲龍型横綱土俵入り形態模写」
−仲入り−
桂夏丸「青い鳥」
春雨や雷太「」

今年から回数を削減し、年4回にしたので久しぶりの両国亭です。

また、トリの番でない方が、必ず余興をしないといけないと云う雷太発案新ルールに基づき、何かと大変になって来ました。

終演後、雷太さんと中華屋で食事をして解散。


帰宅途中に居る、知り合いの野良猫をなでなでして帰宅しました。

次回のだしぬけは8月4日(土)14:00〜です。


30日〜6月1日迄は草津に居ます。

2012年5月30日 (水)

それいゆ落語会

それいゆ落語会
28日は、たけ平兄さんが毎月やっている「それいゆ落語会」に呼んで頂きました。

最近、やたらとたけ平兄さんと一緒の気がしてなりません。
メールの受信履歴を見ると、第一位がたけ平兄さんと云うのはどうかと思います…。


小田急の本厚木で下車すると、自家用車で来た兄さんが待って居て、会場へ連れて行ってくれました。


第52回 それいゆ落語会
13:00〜13:30
桂夏丸「城木屋」
13:30〜14:00
林家たけ平「甲府い」


「甲府い」は、らっきょうのは長く、ゲイキョーのは短いと云うイメージが有りますが、やはりそうでした。


帰りは、何と兄さんが車で自宅まで送ってくれると云うので、お言葉に甘えてしまいました。


車内には、軍歌や昭和歌謡が厚木→両国の間永遠に流れ続けて居ました。

こんな事するのは、幼なじみの山崎氏だけかと思っていたら仲間にも居ました。


また宜しくお願いします。

写真は、運転中のたけ平兄さん。

2012年5月28日 (月)

魁皇引退浅香山襲名披露大相撲

魁皇引退浅香山襲名披露大相撲
魁皇引退浅香山襲名披露大相撲
27日の昼間は国技館へ。


大関魁皇の引退相撲を見て参りました。
やはり人気力士だったので、満員の館内。

同期の曙、貴乃花、力桜。
他にもはなわ、やくみつる、麻生元総理大臣、現役の白鵬や琴奨菊ら、約350人が鋏を入れました。

師匠友綱親方の止め鋏の時には、あちらこちらで泣いて居る人が有ります。


その他の様々な余興が終了したのが16時過ぎ。


大江戸線で新宿へ行き、事務所に耗繊と座布団を取りに行きました。

それを持って高田馬場へ。

主催者の白玉仙さんと待ち合わせ。
在日韓国人女性歌手で御歳80、とても見えません。

昔、新大久保駅のホームに転落した人を助けようとして亡くなった方が居ましたが、その人の追悼歌を作詞した方だそうです。


団地の自治会長をやられて居るそうで、1Fの集会室での落語会です。

会場準備をしている内に、芸協の事務員も到着。


会自体は初めてだったのに、とても良く笑うお客さんで驚きました。

19:05〜19:30桂夏丸「つる」
19:45〜20:05桂夏丸「後生鰻」

一席目と二席目の間に、白さんの部屋で甘納豆をご馳走に成りました。

山手線、総武線を使い両国で下車。

都内をあちこち移動した一日と成りました。

2012年5月27日 (日)

木馬寄席

木馬寄席
25日も、日本橋劇場の市馬落語集第三夜に行って参りました。
ゲストは青木光一先生。元日本歌手協会会長です。

87歳であの洒落っ気と元気さは反則です…。
大ヒット曲「柿の木坂の家」を初めて生で聴きました。


またも打ち上げまで誘って頂き、たけ平兄さんと下らない話をしてしまいました。

お囃子のおそのさんが同じ方向だったので、途中迄車で送って頂きました。すみません〜。


翌26日は千葉の京成臼井へ。

桂伸治師匠と二人の会に呼んで頂きました。

於;回転木馬3F
桂夏丸「開帳の雪隠」
桂伸治「長屋の花見」
−仲入り−
桂夏丸「青い鳥」
桂伸治「お見立て」


10年以上も続いて居る、陽気なお客さんばかりの落語会でした。

終演後の料理が旨くて沢山食べてしまいました。

ありがとうございました。


今日は、昼は両国国技館で魁皇引退浅香山襲名披露大相撲、夜は韓国人主催の落語会です。

2012年5月25日 (金)

伊勢佐木木曜寄席〜二つ目勉強会

伊勢佐木木曜寄席〜二つ目勉強会
24日は先ず、関内のJRAエクセルへ。
毎週恒例の伊勢佐木木曜寄席です。13:00〜


昨年の11月以来ですか。
もう一人は夢吉兄さんでした(たしか前回の時も)。


夜の二つ目勉強会で「おしくら」をネタ出しして有りますので、「三人旅〜おしくら〜」を演ってみました。
演り方を少し変えてみた箇所に笑いがうまれたのは発見です。


14:00終演で、すぐに京浜東北線で神田までは来たのですがまだ夜迄は時間が有り、カラオケ館で一人(独り)カラオケ。


丁度良い時間を見計らって日本橋亭へ。

今回の教官は小圓右師匠でした。
ホントに要所要所を的確にアドバイスしてくれる師匠です。


終演後、小蝠兄・可女次兄・宮治さんと反省会もやりました。

兄さんご馳走様でした。

帰宅後、今日録音した自分のカラオケと落語を聴いたら、共に微妙でした。

写真は夢吉兄さん。楽輔師匠じゃないよっ!

2012年5月24日 (木)

堀之内寄席〜市馬落語集

今日は堀之内寄席に出演しました。

早朝に、近くに住んで居る蘭ちゃんと一緒に墨田川沿いを散歩しようと思って居たのですが、眠くて諦めました。

お昼過ぎに堀ノ内の妙法寺さんへ。

風子さんは初堀ノ内寄席だそうです。


於;妙法寺
春雨や風子「強情灸〜強情虫」
柳家小蝠「五人廻し」
−仲入り/挨拶(古今亭今輔)−
桂夏丸「稲川」


小蝠兄さんは後があるとの事で早上がりしたのですが、高座を降りた途端に用事が無くなったそうです…。

しかし、お寺の落語会と云うのは、何処に行っても良い雰囲気で好きです。

終演後は、水天宮の日本橋劇場へ。
市馬師匠の独演会が三夜連続で有り、今日が初日なので楽屋に勉強の為に伺いました。

今回は三夜連続ゲストが大物歌手で、案内役がたけ平兄さんと云う企画で有ります。

初日の今日は曽根史朗さんがゲストです。
82歳!もの凄くお元気でした。
大ヒット曲「若いお巡りさん」を唄って客席も大盛り上がり。


終演後は市馬師匠やオフィスM'sの加藤さん、たけ平兄さん、お弟子さんらと打ち上げに参加させて頂きました。

市馬師匠の命令で、第29代式守伊之助の物真似をやったのですが、分かったのはごく数名だけでした。


今日はどうも有り難うございました。


明日は昼は伊勢佐木木曜寄席、夜は日本橋亭の二つ目勉強会に出演致します。

2012年5月20日 (日)

佐渡ヶ嶽部屋千秋楽打ち上げ

佐渡ヶ嶽部屋千秋楽打ち上げ
佐渡ヶ嶽部屋千秋楽打ち上げ
今日は大相撲夏場所千秋楽。

史上初の平幕同士の優勝決定戦の末、旭天鵬が栃煌山を下して優勝しました。


今日私は、東陽町のホテルで行われた佐渡ヶ嶽部屋の千秋楽打ち上げパーティーに参加させて頂きました。

琴奨菊の大関昇進パーティーに比べて、千秋楽打ち上げとの事で余り緊張感は無く、和気あいあいとした感じで有りました。


300人位の参加だったでしょうか。落語界では三遊亭金馬師匠、他にも多数の芸能関係者が居りました。

途中で帰る金馬師匠に挨拶をすると、「後は盛り上げてくれ」と言われたのですが、盛り上げる事はできませんでした。申し訳ございません。

1月の歌の会に特別出演してくれた相撲甚句の名人琴仁成さん(写真)、場所が終わってホッとして居る様です。

意外に自分より背の低いお相撲さんが多く、驚きました。しかし、自分より痩せて居る人は居ませんでした。自分も着物だったので、周りのお客さんから「誰だコイツは?」と云う様な目で見られてしまいました。

最後に抽選会もあり、大変に盛り上がった祝賀会と成りました(大関琴欧州の千秋楽休場は残念でしたが…)。


ありがとうございました。


また、7月の名古屋場所にも参りまして応援したいと思っております。

2012年5月18日 (金)

歌で綴る昭和の時代VOL.2

歌で綴る昭和の時代VOL.2
歌で綴る昭和の時代VOL.2
歌で綴る昭和の時代VOL.2
17日は、歌で綴る昭和の時代の2回目を開催しました。

前日はほぼ準備に費やし、当日も早目に集合してカラオケでリハーサルです。

高音の出にくいたけ平兄さんは、ずっと同じ箇所の発声練習をして居ましたが全く上手く行かず、本番だけ成功し、天才だと思いました。。

3人共、前半は演芸だと云う事をすっかり忘れて居ました。


しかしいざ始まってみると、陽気なお客さんで助かりました。


於;ミュージックテイト
《第一部:演芸“夏”》
神田真紅「鍋島猫騒動」
桂夏丸「茄子娘」
林家たけ平「たがや」
−仲入り−
《第二部:昭和歌謡》
①丘を越えて(夏丸)
②アラビアの唄(たけ平)
③愛国行進曲(真紅)
④東京シューシャインボーイ(たけ平)
⑤ヤットン節(真紅)
⑥ゲイシャワルツ(夏丸)
⑦お座敷小唄(たけ平)
⑧弁天小僧(夏丸)
⑨学生時代(たけ平)
⑩男の背中(夏丸)
司会;林田さん


今回は司会の林田さんが加わり、それぞれの歌が出来た時代の世相を愉快に解説してくれたお陰で、より会のタイトルに沿った内容になったと思います。

会場も普段は演歌歌手のキャンペーンをやったりしている処なので、音の操作はプロです。

たけ平兄さんのストライプのスーツ姿は、昭和の任侠みたいでした。

真紅ちゃんは甘味処の娘みたいでした。田川寿美路線で行く事をおすすめします。


終演後は、近くのカレー屋で出演者4人で反省会をやったり、カレーの辛さをレベル2にしてしまった反省をしたりしてから帰宅しました。


次回の「たけ平・夏丸・真紅の歌で綴る昭和の時代」は、9月13日(木)を予定しております。また宜しくどうぞお願いします。

◆写真はリハーサル風景と本番風景(吉田みちこ撮影)

2012年5月16日 (水)

道楽亭若手落語家まつり

道楽亭若手落語家まつり

15日は、新宿二丁目の道楽亭に初めて出演致しました。
 
場所が場所だけにいささか不安を感じて居ましたが、会場はとても安全な感じで良かったよ。
 
席亭さんも毎月番組造りに思考を凝らしており、頭が下がります。
 
《第8回 道楽亭若手落語家まつり“明日に向かって”》
笑福亭羽光「はてなの茶碗」
春雨や雷太「品川心中」
春風亭昇々「(新作でタイトル聞くの忘れた…)」
桂夏丸「もう半分/歌謡ショー」
 
 
少ないお客様でしたが質の高い方ばかりでした。
 
打ち上げも女性客のみが参加されたので、華やかで血圧が上がりっぱなしでした。
 
道楽亭のハシモトさんも有り難うございました。
 
 

 
 
■17日(木)19:30〜21:30
林家たけ平・桂夏丸の歌で綴る昭和の時代Vol.2“夏”
《第一部;演芸》
神田真紅「鍋島猫騒動」
桂夏丸「茄子娘」
林家たけ平「たがや」
 
《第二部;歌》
林家たけ平「東京シューシャインボーイ」他数曲
桂夏丸「男の背中」他数曲
神田真紅(写真)「愛国行進曲」他数曲
 
 
会場:新宿西口・ミュージックテイト西新宿店
料金:予約1500円/当日2000円
予約メールe-mail:info@musicteito.co.jp
 
※歌はふざけて唄う事は致しません。笑いが無いじゃないかと仰有らず、怒らずにお聴き下さい。
お待ちしております。

2012年5月15日 (火)

兄弟子の会

兄弟子の会
兄弟子の会
8日は綱島で、鳥郎寄席でした。レギュラーの枝太郎兄さんから助演を頼まれ、「おしくら」と「後生鰻」を演りました。

焼き鳥屋の座敷に高座を設けてある為お客さんとの距離が近く、ウケる時はウケるしウケない時はウケないので勉強に成ります。


12日は、1月に続いて狛江のかわせみ館で「かわせみ亭ちゃりてぃ寄席」でした。今回は、取締のかめじ兄さんと一緒でした。
ネタは「おしくら」「城木屋〜歌謡ショー」を演りました。

写真は賑やかな鳥郎の表の看板と、閑なかわせみ館とその周辺。


本日は道楽亭に初出演します。宜しくお願いします。
■15日(火)19:00〜21:00
道楽亭若手落語家まつり“明日に向かって”
会場:新宿三丁目・道楽亭
料金:2000円(打ち上げ3000円※希望者)
内容:桂夏丸、春雨や雷太、春風亭昇々、笑福亭羽光

2012年5月10日 (木)

逗子〜歌の会のリハーサル

逗子〜歌の会のリハーサル
逗子〜歌の会のリハーサル
9日は、昼間は大師匠の米丸と逗子へ行き、夜はカラオケでした。

早朝に東中野の米丸師匠宅へ。衣裳を整えタクシーで東京駅、横須賀線で逗子まで行きました。
右女助師匠はこんなに遠くから何十年も寄席に通って居たのですな。

米丸師匠は普通列車のグリーンに乗るのは初めてのようで、Suicaでのグリーン車の乗り方を一から教えてあげましたら、
「2階がイイネぇ〜。真ん中は眺めがイイネぇ〜」とはしゃいで居ました。
子供かっ(笑)

逗子からタクシーで20分程の葉山町中央福祉学院が会場です。

11:45〜12:05
桂夏丸「開帳の雪隠」
12:05〜12:45
桂米丸「ジョーズ」


65歳以上の方が500人位居て、やたら良く笑う光景は、まぁ……、凄いです。


終演後は昼食を頂き、湘南新宿ラインで新宿へ。タクシーで米丸師匠宅へ行き、後片付けをして無事釈放と成りました。


一旦家へ帰り、一休み。


夜は両国駅前の歌広場に行きました。

たけ平兄さんと真紅ちゃんにも来て貰い、17日の「歌で綴る昭和の時代」の打ち合わせとリハーサルをしました。

今回は、フルコーラスで歌うと長いと云うお客さんの意見により、だいたい2コーラス歌う予定です。
どうぞお楽しみに。

まぁ打ち合わせは最初に済ませ、打ち合わせ3/ただのカラオケ7ぐらいの感じになりました。


写真は昭和歌謡を歌うたけ平兄さんと、軍歌・アニソンを歌う真紅さん。

2012年5月 3日 (木)

打ち上げ

鶴瓶師匠がご馳走して下さいました。

2012年5月 2日 (水)

第3回夏丸演芸館

第3回夏丸演芸館
ホントは4月3日にやるはずでしたが、暴風雨につき中止、リベンジの会(5月1日)と成りました。

今日は穏やかな天候で、お客さんが全く来ないと云う場合を除けば中止する理由も見当たらなく、果たしてお客さんがいらっしゃったので開催する事と成りました。お慶び申しあげます。

於;ミュージックテイト
桂夏丸「玄関の扉」
橘ノ圓満「錦銘竹」
−仲入り−
橘ノ圓満「ラブレター」
桂夏丸「もう半分/東京の灯よいつまでも」


最後、落語から歌で随分雰囲気が変わりました。
不気味な江戸の夜から、東京12チャンネルのスタジオに行った位の変わりようでした。


帰りは、車で来ていたゲストの圓満兄さんに送って貰いました。ゲストなのにすみません。

更に途中でジョナサンに寄り、飯をご馳走になりました。ゲストなのにすみません。


次回からまた、偶数月の第一歌謡日に開催しますので、どうぞ宜しくお願いしますm(__)m


■6月5日(火)19:30〜21:30
第4回 夏丸演芸館
会場:新宿西口・ミュージックテイト西新宿店
料金:予約1500円/当日1800円
予約メールe-mail:info@musicteito.co.jp、または桂夏丸本人
内容:桂夏丸(2席・歌)、春風亭べん橋(2席/ゲスト)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »