« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

9月の落語会・寄席出演予定

9月の落語会・寄席出演予定

桂夏丸
9月の落語会・寄席出演予定(東京及び東京近郊のみ)
 
 
■寄席
①1、3、5、7、9日の12:00
新宿末広亭9月上席《昼の部12:00〜16:30/夜の部17:00〜21:00、昼夜入れ替えなし》
料金:2800円
※上がり時間は変更になる場合があります。
 
 
②6〜10日の17:15
池袋演芸場9月上席後半《昼の部12:30〜16:15/夜の部16:45〜20:30、昼夜入れ替えなし》
料金:2500円
※上がり時間は変更になる場合があります。
8日(土)休→代演 羽光
 
 
③16〜20日の19:15
浅草演芸ホール9月中席後半《昼の部12:00〜16:30/夜の部17:00〜21:00、入れ替えなし》
料金:2500円
※上がり時間は変更になる場合があります。
 
 
※その他、代演有ります(要確認)
 
 

 
 
■6日(木)19:30〜21:30
第11回 TWO
会場:神保町・らくごカフェ
料金:予約1800円/当日2000円
予約先e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp
内容:桂夏丸、三遊亭きつつき(各二席)
 
 
■13日(木)19:30〜21:30
たけ平・夏丸・真紅の
“歌で綴る昭和の時代vol.3”
会場:新宿西口・ミュージックテイト
料金:予約1500円/当日1800円
予約先e-mail:info@musicteito.co.jp
内容:
桂夏丸「猫と金魚」、林家たけ平「つるつる」、神田真紅「黒田武士」(以上前半)
たけ平・夏丸・真紅「昭和歌謡ショー」(以上後半)
 
 
■24日(月)19:00〜21:00
浜松町かもめ亭“二つ目祭り”
会場:浜松町・文化放送メディアプラスホール
料金:全席指定3000円(8/30発売)
予約先:0354031111文化放送
内容:桂夏丸、立川春吾、林家はな平、他
ゲスト;林家たい平
 
 
■29日(土)21:30〜23:00
末広亭深夜寄席
会場:新宿・末廣亭
料金:500円
内容:桂夏丸、橘ノ双葉、柳亭小痴楽、三遊亭小笑
 
 

 
 
■10月2日(火)19:30〜21:30
第6回 夏丸演芸館
会場:新宿西口・ミュージックテイト
料金:予約1500円/当日1800円
予約先e-mail:info@musicteito.co.jp
内容:桂夏丸(二席&歌)、田代沙織(※ゲスト/お楽しみ)
※1984年7月8日落語家・桂歌春の長女として、東京都板橋区高島平に生まれる。
青桐幼稚園、高島第三小学校、高島第三中学校、小石川高等学校、代々木ゼミナール池袋校、共立女子短期大学を優秀な成績(?)で卒業した後、㈱生島企画室所属タレントとして地味にコツコツ活動を続け、現在に至る。主な出演番組は千葉テレビ「浅草お茶の間寄席」やCS「パチテレ!情報007」など。
只今、結婚相手募集中(但し、イケメンに限る)
 
 
 
 
 
何卒宜しくお願い申しあげ奉りまするm(__)m

2012年8月25日 (土)

城源寺

21日は、小田原の城源寺さんへ行って来ました。
 
当日の小田原は快晴・猛暑日で、東京よりも暑いようでした。
 
そんな時、お寺の庭の緑に囲まれ、蝉時雨の中で落語を演じたり聴いたりするのは中々良いものです。
 
 
《若手落語道場》
桂夏丸「小咄教室;弁当の小咄」
桂夏丸「後生鰻」
春風亭笑松「皿屋敷」
−仲入り−
春雨や雷太「品川心中/深川」
桂夏丸「表札」
 
 
「表札」は、前座の頃は先代の今輔師匠そっくりに演っていたのが、最近は徐々に自然体で出来るように成り、以前よりも更に演っていて楽しいのよ。
 
 
終演後は、何時もの花岳に移動して夕食をご馳走に成りました。
 
肉じゃが→刺身定食でご飯二杯→肉の煮物→フライ盛り合わせと来て満腹で苦しく成りました。
 
そしたら88歳の住職が、「これから小田原おでん」に行こうと提案し、タクシーで素敵なおでん屋に連れて行ってくれました。
 
 
其処でもおでんを食べ、腹が尋常じゃない位に膨れて居りました。
 
一週間分くらい食べました。
 
面白い住職でご馳走様でした。
 

 
■29日(水)19:30〜21:00
第8回 深川森下落語会“痛快!二ツ目通り”
会場:森下文化センター4階和室
料金:1000円
内容:桂夏丸、昔昔亭桃之助、三笑亭夢吉(ゲスト)
 
 

2012年8月24日 (金)

歌声喫茶「ともしび」

歌声喫茶「ともしび」
8月中席は、国立演芸場と池袋演芸場の出演及び、末広亭の代演と寄席が続き、嬉しく成りました。

楽日の20日は国立演芸場の出演で「青い鳥」。

ハネた後は、新宿の歌声喫茶「ともしび」に移動し会の打ち合わせ。

新宿に昔から、歌声喫茶が有ると云うことは知っていましたが、行くのは初めてです。

ピアノの生演奏に乗って、本当に皆で唄うんですね(写真)

歌手の潮歩さんと待ち合わせ、11月に下北沢のライブハウスで行う、潮さんの事務所独立記念・落語と歌の会の打ち合わせ。


お店の人に、「そこの浴衣の人、歌いませんか?」と言われ、歌うつもりは有りませんでしたが「憧れのハワイ航路」と「高原列車は行く」の2曲唄いました。

生演奏は気持が良いです。


会の詳細は後日お知らせします。

2012年8月17日 (金)

心霊写真

心霊写真
16日の話です。


昼間は池袋演芸場へ。「粗忽長屋」。


演芸場二階の喫茶店で繋ぎ、夕方山手線で日暮里、常磐線で我孫子へ。

米多朗師匠、味千代さんと合流し、龍光院と云うお寺さんへ。

万燈会と云うお盆の法要の余興です。


桂夏丸「つる/憧れのハワイ航路」
鏡味味千代「太神楽」
桂米多朗「牛ほめ」


落語の時はお客さんが少なかったですが、歌謡ショーを始めた途端にお客さんが増えました。

演芸の後は、千手観音の前で法要です(写真)。

我々もお焼香をしました。


終了後は柏に移動し打ち上げ。

すっかりご馳走に成り、午前様での帰宅です。


あ、そう云えば、味千代さんの16日のブログに心霊写真が載ってます!

2012年8月15日 (水)

今後について

今後について
真夏の8月、にゅうおいらんずからお盆興行にかけての時期が、一年を通して一番好きかも知れません。

10日は、先ずは広小路亭「表札」。
池袋に用足しに行くと、東武百貨店でこみちさんに会ってしまいました。
再び広小路に戻り、主任の米太朗師匠に挨拶。

一度帰宅し一休み。

再び、神保町のらくごカフェへ行きます。

《第68回 ろ夏仙》
桂夏丸「表札」
柳家ろべえ「夕涼み」
−仲入り−
柳家ろべえ「芝居の喧嘩」
桂夏丸「江島屋怪談」
ろべえ・夏丸「ご挨拶」

仙花さんが諸事情により、暫く休演する事に成りました。
最後、二人で対談「今後について」。
お客さんにアンケートを取りました。

・二人で続ける
・毎回誰かゲスト呼ぶ
・いっそのこと辞める

一番多かった意見が、「二人で続ける」、次いで「誰かゲスト呼ぶ」でした。

従って、「二人で続け、たまにゲスト呼ぶ」に決定しました。


終演後はろべえさんと打ち合わせ付き打ち上げ。

らっきょうの芸人と、久々に芸論を交わす事が出来ました。抜擢の事とかも…。


11日からの中席は、国立演芸場・池袋演芸場・末広亭代演・広小路しのばず寄席と、寄席出演が続きます。

どうぞお好きな寄席にお越しください。

あぁでも半分終わっちゃった…。

2012年8月 9日 (木)

一眼国

一眼国
7日の「第5回 夏丸演芸館」ご来場頂きましてありがとうございました。

於;ミュージックテイト
桂夏丸「一眼国」
春風亭笑松「皿屋敷」
−仲入り−
春風亭笑松「堀の内」
桂夏丸「表札/だから今夜は…〜憧れのハワイ航路」


「一眼国」は元は故・生之助師匠ですが、マクラが無いので、マクラを少しだけ付け足しました。
先日、本屋で「古地図と古写真で見る江東区・墨田区」と云う本を買ったので、其れを参考に、相撲の話題と歌(今回はカット)〜両国が発展した理由〜国技館の歴史と周辺案内〜両国回向院での見世物小屋〜噺、と長くしてみました。


「表札」は、鈴木みちを先生が先代の古今亭今輔師匠の為に書いた噺と云われて居ます。其れを40年前に寿輔師匠が教わり、自分も寿輔師に稽古して頂きました。
良く出来た面白い、古今亭の噺なので残して行きたいです。
今回は新たに歌も入れました。

最後の歌は一曲だけのつもりが、年配の方が嬉しそうに聴いてるものだから勝手にアンコールで二曲唄ってしまいました。

終演後は奥の事務所で、ゲストの笑松兄さん(写真)らと反省会。少しのつもりが、落語会よりも長くなってしまいました。

笑松兄さんも遅く迄有り難うございました。

2012年8月 7日 (火)

新宿文化寄席in 和室

新宿文化寄席in<br />
 和室

6日は、大久保スポーツプラザの若手落語会に行って参りました。
 
新宿と大久保の両会場で毎月行われる和室シリーズです。
 
毎回、朝が早いです。
 
 
今回の大久保編は、昨年に続いて2回目の出演でした。
 
会場に着いた途端にざーざー降りの俄か雨…。
 
 
 
9:45楽屋入
10:00開場
10:30
山遊亭くま八「初音の鼓」
10:50
桂夏丸「江島屋怪談」
11:25終演
 
 
江島屋は何度か演って居ますが、漸く腹に入って来た気がします。
 
 
普段はお客さん50人位だそうですが、今日は15人位しか居ませんでした。
 
訳を聞いた処、雨のせいだと言われました。
 
つまり、殆どの方が急遽行くのを取り止めた訳なのです。
 
雨に負けました。
 
 
終演後、くま八さんと昼飯。
大久保駅前に、とても大久保駅前とは思えない位の江戸の風情の有るそば屋が有ったので、そこに入りました。
扱って居る蕎麦は、地元の群馬県渋川市産でした。
 
どうも自分は、大久保とか新宿、池袋、渋谷辺りは何度来ても落ち着かず馴染めません。
 
やはり日本橋やそれより東、墨田区や江東区、浅草、蔵前などの下町の方がどことなく落ち着きます。
 
 
そんなこんなで、西新宿の事務局に寄ってから帰宅しました。
 
 

 
 
※本日7日(火)19:30〜21:30
第5回 夏丸演芸館
会場:新宿西口・ミュージックテイト
料金:予約1500円/当日1800円
予約e-mail:info@musicteito.co.jp、または桂夏丸本人
内容:桂夏丸(二席・歌)、春風亭笑松(ゲスト、二席)
 

2012年8月 5日 (日)

広小路亭→両国亭〜永谷な一日〜

広小路亭→両国亭〜永谷な一日〜
4日は、広小路亭の定席出演と両国亭のだしぬけ二人衆がありました。


広小路亭の本来の出番は12:15ですが、もう一人の二つ目、風子さんが後の仕事に間に合わなくなってしまうとの事で、自分は12:35上がりに変更。
「表札」(鈴木みちを・作)を演りました。


自分も14:00からのだしぬけが有るため、ぼやぼやしてられません。高座後すぐに飛び出しまして、大江戸線で両国へ。

実は雷太さんもギリギリになるそうで、急いで行ったのです。

しかも、何時も受付をしてくれる子が今日はつかまらず、急遽前座の瀧川鯉○さん(写真)を受付で頼んだのでした。


開演30分前に楽屋に着きましたが、用事を思い出し急遽自宅へ。
と云っても両国亭の裏なので、近くて助かります。


開演5分前に戻ると、雷太氏もやって参りました。


《第26回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆》
瀧川鯉○「転失気」
桂夏丸「つる」
春雨や雷太「酢豆腐」
−仲入り−
春雨や雷太「岸柳島〜かっぽれ」
桂夏丸「江島屋怪談」(三遊亭圓朝・作)


翌5日が落語協会主催の圓朝祭だったので、時期的にも丁度良かったかも知れません。


何時もは夜に開催するだしぬけですが、昼間の開催で、未だ明るい内に帰宅できると云うのもなかなか良いかも知れません。

そう云えば、終演後にお客さんから、「高座にゴキブリが歩いて居て、座布団の下に潜り込んで行きましたよ。気付きましたか?」と言われました。


気付きませんでした。

ゴキブリどうなりましたでしょうか?

2012年8月 1日 (水)

8月の落語会・寄席出演予定

8月の落語会・寄席出演予定

桂夏丸
8月の落語会・寄席出演予定(東京及び東京近郊のみ)
 
 
■寄席
①1、2、5日の12:15及び4、10日の12:35
上野広小路亭8月上席《昼の部12:00〜16:30》
料金:2000円
※上がり時間は変更になる場合があります。
 
②13〜17日の12:30
池袋演芸場8月中席《昼の部12:30〜16:15/夜の部16:45〜20:30、昼夜入れ替えなし》
料金:2800円
※上がり時間は変更になる場合があります。
 
③11、20日の13:00及び17日の18:00
国立演芸場8月中席《昼の部13:00〜16:10/夜の部18:00〜21:10(17日金曜のみ昼夜公演、入れ替え制)》料金:2000円
※上がり時間は変更になる場合があります。
 
 
※その他、代演有ります(要確認)
 
 

 
 
■4日(土)14:00〜16:00
第26回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆
会場:お江戸両国亭
料金:1500円
内容:桂夏丸「江島屋怪談」他一席、春雨や雷太「酢豆腐」他一席
 
 
■6日(月)10:30〜11:20
新宿文化寄席
会場:新大久保・大久保スポーツプラザ3階和室
料金:400円
内容:桂夏丸、山遊亭くま八
 
 
■7日(火)19:30〜21:30
第5回 夏丸演芸館
会場:新宿西口・ミュージックテイト
料金:予約1500円/当日1800円
予約e-mail:info@musicteito.co.jp、または桂夏丸本人
内容:桂夏丸(二席・歌)、春風亭笑松(ゲスト、二席)
 
 
■10日(金)19:30〜21:00
第68回 ろべえ・夏丸・仙花三人会
会場:神保町・らくごカフェ
料金:予約1500円/当日1800円
予約先e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp
内容:桂夏丸、柳家ろべえ(落語)、鏡味仙花(太神楽)
 
 
■12日(日)17:05頃
しのばず寄席(16:50〜20:00)
会場:上野広小路亭
料金:2000円
 
 
■29日(水)19:30〜21:00
第8回 深川森下落語会“痛快!二ツ目通り”
会場:森下文化センター4階和室
料金:1000円
内容:桂夏丸、昔昔亭桃之助、三笑亭夢吉(ゲスト)
 
 
■31日(金)18:00〜21:00
深川怪談2012(秋の部〜其の壱)“東西花形怪談競”
会場:清澄白河・深川江戸資料館
料金:5000円(要予約)
予約先e-mail:fuka_kai2012@yahoo.co.jp
内容:第一部 柳家小蝠、桂夏丸/第二部 京極夏彦、暗曇潤平、「幽」編集長 他
 
 
 
どうぞ宜しくm(__)m

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »