« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

おじいさんの柱時計

おじいさんの柱時計
おじいさんの柱時計
おじいさんの柱時計
先日亡くなった母方の祖父の葬儀に行けなかったので、時間が出来た28〜29日にはちょいと渋川へ行ってました。

叔父さんに駅に迎えに来て貰いお祖父さん宅に着くと、お婆さんは元気そうでほっとしました。

母親や従兄弟も居ました。
線香をあげて居たら、
自分がおじいちゃん子だったからかも知れませんが叔母さんに、おじいちゃんは孫の中でも夏丸の事が一番大好きだったんだから、遠慮なく形見に色々持って行きな、と言われたので、遠慮なく色々な物を貰って来ました。

もう50年も動いて居るゼンマイ式の柱時計、たまにしか行かないじいさんの家ではあるが、小さな頃から聴いて居る振り子の音が耳に焼き付いて居るので有ります。
この音とお爺さんの変な昔話を聴きながら、よく眠りについたものでした。


もう止まって居ましたが、ゼンマイを撒いてみたらちゃんといごいたので、早速自宅に形見で持ち帰りました(写真)

鉦の音も昔のままです。


上野行きの電車の中で、突然ボンボン鳴り出さないかとヒヤヒヤしましたが、なんとか大丈夫でした。


これからまた50年位は使えたらなと思うです。

写真を観ていたら、おじいちゃんは50代の頃から80歳位に見え、80歳になっても80歳に見える事に気付きました。

2012年11月28日 (水)

北海道巡業〜四派で深夜

北海道巡業〜四派で深夜
北海道巡業〜四派で深夜
北海道巡業〜四派で深夜
平成24年度「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」本公演

18日〜22日まで札幌に行って参りました。

10月8日〜12日に、ワークショップで行って小咄・出囃子を小学生に教えて来まして、今回はその発表及び寄席本公演であります。


初日;札幌市立東光小学校
二日目;札幌市立手稲鉄北小学校
三日目;札幌市立あやめ野小学校
千秋楽;札幌市立北野平小学校


4公演総て、

児童「小咄」/児童〈太鼓〉(写真)
山遊亭くま八「狸札」
桂夏丸「つる」
三遊亭遊馬「牛ほめ」
−仲入り−
鏡味初音「太神楽」
春風亭小柳枝「時蕎麦」

お囃子:滝沢仁美社中


と云う番組でした。

初日は、乗る筈の飛行機が欠航で1時間羽田で待機。
新千歳空港は物凄い吹雪で、着陸出来るのかと思った程でした。
後で聞くと、120年振りに遅い札幌の初雪であったそうです。


20日の公演終了後には、小柳枝師匠、遊馬師匠、初音さんくま八さんと、サッポロビール園に行きました。

ジンギスカンを沢山食べました。小柳枝師匠ご馳走様です(写真)。

21日のあやめ野小学校では、公演終了後に子供達と一緒に給食を食べました。

牛乳が苦手ですが、今回は13年振りに牛乳を飲みました。
味は、急いで飲んだので良く判りませんでしたが、牛乳っぽい味がしました。


出演者が1年生〜6年生の教室にそれぞれ分かれて食べましたが、自分は2年生と一緒でした(写真)。
ココア揚げパンの余りジャンケン大会で、負けてしまいました。

因みに76歳の小柳枝師匠は、1年生と一緒に食べて居りました。


22日の公演終了後、新千歳空港へ。
16:30の飛行機で出発し、19:30頃自宅に到着しました。

荷物を整理し、今度は新宿末廣亭へ。

久々の「四派で深夜」です。

三遊亭好吉「釜泥」
立川らく兵「洒落小町」
桂夏丸「酉の市」
春風亭朝也「竹の水仙」


64名ものお客様でした。

2012年11月20日 (火)

お悔やみ

お悔やみ
お悔やみ

先日、桂歌若師匠と行って来た居酒屋はオススメです。
 
 

 
 
10日は広小路亭「後生鰻」の後、一度帰宅して用足し。
夕方に改めて新宿へ出発して末廣亭深夜寄席。お客様は205名でした。
 
桂夏丸「風の神送り」
橘ノ圓満「替り目」
三笑亭夢吉「アンケートの行方(桂枝太郎・作)」
笑福亭和光「はてなの茶碗」
 
ハネた後、方向が同じ圓満兄さん夫妻が車で来てたので送って貰いました。途中、業平橋のジョナサンで夜食、本所の雲助師匠宅前を通って帰宅しました。
 
 

 
 
翌11日は「第1回 あゆぽん寄席」
 
歌手の潮歩さんが自ら設立した音楽事務所「潮ミュージック」設立記念の会です。
 
於;下北沢ロフト(写真)
 
桂夏丸「開帳の雪隠」
−仲入り−
潮歩「ピアノと唄」
 
 
1970年代にオープンした下北沢ロフトは、まさに当時の面影を色濃く残して居りました。
 
 

 
 
12〜15日は、浅草昼サラの出演です。
12・13日は昼席開演前に、台東区の小学校の学校寄席を行いました。
 
15日は浅草の後日本橋亭の「お江戸寄席」へ。
 
貞寿さんに、「この前の酉の市で並んでる処見たよ」と言われました。貞寿さんは師匠と一緒に居たそうで、師匠は本堂迄の抜け道を知って居るそうです。
 
 
夜は、大有企画の中村社長にチケットを頂いた枝太郎兄さんに誘われて、初めて狂言なるものを観に行きました。
 
《狂言 万作の会》
於;サンパール荒川
 
「解説&ワークショップ」
「鬼瓦」(大名:野村万作)
−休憩−
「小傘」(僧:野村萬斎)
 
 
終了後は、中村社長にご馳走になってしまいました。
 
社長、兄さん有り難うございました。
 
そう云えば、真紅ちゃんも狂言やるんだってね。
 
 

 
 
7日に、母方の祖父が84歳で亡くなりました。
おじいちゃん子だったので、とても悲しい。物心付いた頃から、そうでした。
 
多分、今の自分の人格は、このおじいちゃんによって作られたのではないかと思う位で有ります。
今振り返ってみると、子供の頃の楽しかった想い出というのは、90%はこの渋川のおじいちゃん家で過ごした際のもので有る、と言えると思います。
 
 

2012年11月 9日 (金)

浅草・酉の市

浅草・酉の市

6日〜10日は上野広小路亭の出番です。
 
7日は広小路で「酉の市」、すぐに桜木町に移動し、横浜にぎわい座有名会「酉の市」。
 
にぎわい座は仲入りが夢月亭清麿師匠で「時の過ぎ行くままに」、トリは古今亭寿輔師匠で「焼肉戦争」と、ベテラン新作対決みたいになりました。
 
両師匠とも、若き日の想い出話や新作談義で随分盛り上がっていて、ジャンジャン(ジァンジァン)とか言っているのを聞いて悶えました。。
 
 

 
 
8日も最初に広小路で「酉の市」。
 
その後、楽屋に来た双葉さんと鈴本演芸場の上のサイゼリアで打ち合わせ兼井戸端会議。
 
適当な時間に美香ちゃん(現 双葉)と別れ、メトロで新宿三丁目へ。
 
新宿文化センター4階和室で、講演(落語のレクチャー)をして来ました。
 
新宿区未来創造財団観光課主催の「落語でさんぽ」の一環だそうです。
 
先ず申し込みをしたお客さんが、落語の舞台となった(主に新宿界隈の)場所を歩いて巡り、その後に和室で初心者向け落語入門講座みたいな感じでレクチャーを受けるのだそうです。
 
自分もこのような仕事は初めてだったので、なかなか良い経験になりました。
 
 
17:00〜17:50
「落語界概要・落語の成り立ち・階級制度について・修業内容・寄席の解説・鳴り物・扇子手拭い etc.」
17:50〜18:00
「質疑応答」
 
 
質疑応答では、様々な質問が飛んで来るのでスリル満載です。
 
最後の質問が、「夏丸さんは歌も唄うんですか?」と云うものだったので、歌ってお開きにするという不思議なレクチャーになりました。
 
 
 
夜は毎年11月恒例の、浅草酉の市へ。
今年は近年稀に見る大変な人出みたいで、参拝の行列が凄い事になって居りました。
大鷲神社の本堂に辿り着く迄1時間かかりました。
 
お参り後は鈴木の旦那の店へ。去年は5尺の熊手を購入したので、今年は6尺ヘイ万の熊手を購入しました。
 
お金を払い手〆をして貰うと、不思議と心がスーッと爽やかに軽く成ります。
胸につかえて居たものが無くなり、とても楽になれました。

2012年11月 4日 (日)

原巨人・日本一

原巨人・日本一
原巨人・日本一
6月に引き続き、3日4日と湯河原温泉らくごに行って来ました。


〜湯河原温泉らくご 秋〜

【3日昼席:見番寄席】
「開帳の雪隠」「もう半分」

最初から重い客層。
開演と同時に、最前列で足と腕を組みながら寝ている態度の悪いおっさんも。まるでろう人形のようでした。
全体的にクスリとも笑わないので、2席目を急遽予定変更し「もう半分」。怖がらせる事に徹底しました。
サゲを言っても無反応でしたので、さっさと帰って来てしまいました。

寝ているお客様を起こす必殺技を発見しました。それは「終演」

【3日夜席:ホテル城山】
「釣りの酒」「青い鳥」

宿泊先の「ホテル城山」さんでの夜席。
10畳程の和室に、ギッチリ33名様。
よく笑う御婦人ばかりだったので、2席目を急遽予定変更し「青い鳥」。
とにかく笑わす事に徹する。

終演後部屋に戻ると、TVは日本シリーズ第6戦9回表を映して居ました。
まもなくジャイアンツの勝利で日本一決定。

夜は一人ビール掛け。

【4日昼席:散歩〜見番寄席】
「稲川」「天災」

4日は先ず午前中に湯河原散歩が有りました。
雨天や最低実施人数に達せずに中止もあった為、今年は今日で2回目との事です。12名様ご参加下さいました。
湯河原温泉街の食べ物屋を十数件巡り、一緒に昼食を食べて一旦解散。最後に見番寄席を見て頂き、本当に解散です。

今日は天気も良く暖かく、ほのぼの出来たと思います。


写真は
「散歩コース内和菓子屋の92歳ご主人作成の盆栽。全て和菓子で出来てます」
「見番寄席開演前の高座」

2012年11月 1日 (木)

11月の落語会・寄席出演予定

11月の落語会・寄席出演予定

桂夏丸
11月の落語会・寄席出演予定(東京及び東京近郊のみ)
 
 
 
■寄席
①6〜10日の12:25
上野広小路亭11月上席後半《昼の部11:50〜16:35》
料金:2000円
※上がり時間は変更になる場合があります。
 
②12〜15日の12:00
浅草演芸ホール11月中席前半《昼の部11:45〜16:30/夜の部16:45〜21:00、昼夜入れ替えなし》
料金:2500円
※上がり時間は変更になる場合があります。
11日(日)休→代演未定 
 
 
※その他、代演有ります(要確認)
 
 

 
 
■1日(木)13:00〜14:00
伊勢佐木木曜寄席
会場:関内・JRAエクセル
料金:無料
内容:桂夏丸、桂米多朗
 
 
■3日(土)〜4日(日)
湯河原温泉らくご(要確認)
 
 
■7日(水)14:00〜16:30
横浜にぎわい座有名会
会場:桜木町・にぎわい座
料金:3000円
内容:桂夏丸、古今亭寿輔、夢月亭清麿、古今亭志ん丸、ボンボンブラザース、ホームラン 他
 
 
■10日(土)21:30〜23:00
深夜寄席
会場:新宿・末廣亭
料金:500円
内容:桂夏丸、橘ノ圓満、三笑亭夢吉、笑福亭和光
 
 
■11日(日)14:00〜16:00
あゆぽん寄席
会場:下北沢ロフト
料金:予約2300円/当日2500円(ドリンク代別)
予約先:09099728929(潮ミュージック)
内容:桂夏丸(一席&歌)、潮歩(歌手/歌謡ショー)他
 
 
■15日(木)13:30〜16:30
日本橋お江戸寄席
会場:日本橋亭
料金:2000円
内容:桂夏丸 他
※東京かわら版掲載内容は間違いです!多分10月の内容でしょう。
 
 
■22日(木)21:30〜23:00
第43回 四派で深夜
会場:新宿・末廣亭
料金:1000円
内容:桂夏丸、春風亭朝也、立川らく兵、三遊亭好吉
 
 
■24日(土)11:00〜12:30
第39回 あつぎ青春劇場落語会
会場:本厚木・イオン厚木店8階
料金:500円(先着120名)
内容:桂夏丸(複数席)
 
 
■26日(月)17:30〜20:30
芸協二つ目勉強会
会場:日本橋亭
料金:前売1500円/当日2000円
内容:三笑亭朝夢「茶の湯」、桂夏丸「景清」、春雨や雷太「御神酒徳利」、笑福亭和光「はてなの茶碗」、鏡味正二郎、東京太・ゆめ子、桂伸治(ゲスト)
※前売券あります。
 
 
■27日(火)19:00〜21:00
第27回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆
会場:両国亭
料金:1500円
内容:桂夏丸「景清」他一席、春雨や雷太「宿屋の仇討」他一席
 
 

 
 
■12月4日(火)19:30〜21:30
第7回 夏丸演芸館
会場:新宿西口・ミュージックテイト西新宿店
料金:予約1500円/当日1800円
予約先e-mail:info@musicteito.co.jp
内容:桂夏丸(二席&歌)、春風亭べん橋(ゲスト/二席)
 
 
 
宜しくお願い致しますm(__)m

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »