« 3月の落語会・寄席出演予定 | トップページ | 池袋と深夜寄席 »

2013年3月 7日 (木)

桃太郎ナイトクラブ“裕次郎を唄う”

桃太郎ナイトクラブ“裕次郎を唄う”

2月の話です。
 
20日は池袋夜席「課長の犬」の後、第71回 ろ夏仙があるのでらくごカフェへ。
 
今回も仙花さんが休場の為、特別ゲストに春風亭べん橋兄さんを御呼びしました。「ろ夏べん」に成りました。
 
桂夏丸「置き手紙」
柳家ろべえ「井戸の茶碗」
−仲入り−
《ゲスト》
春風亭べん橋「質屋庫」
 
 
ろべえさんは、べん橋兄さんの芸風がツボだそうで、とても喜んでおりました。
 
 
終演後、ろべえさんとサイゼリヤでしめやかに食事。
 
らくごブーム以降、何も芸や落語の事を分かって居ない昨日今日の落語マニアに限って、やたら落語会を主催したがると云う話で意気投合し、盛り上がる。
やはり主催するからには、まんべんなく色々な芸を観て、それぞれの持ち味を引き出せる人こそが主催者にはふさわしい気がします。
そう云う人こそが今の僕たちには必要です。また明日からも頑張れるぞと云う気持ちになれるので…。
 
明治の頃から、自分好みの人だけを集めてやる落語会(勉強会じゃなく)は、大体長続きしないという言い伝えもあります。
 
グレープフルーツサワーを2杯も飲んでしまいました。
 
 
尚、慣例ですと次回は4月の予定でしたが、5月16日に変更になりました。どうぞ宜しくお願い致します。
 
 

 
 
22日は、午前中から埼玉県の富士見市へ。
 
笑松兄さんに声をかけて頂き、東武東上線のみずほ台で下車。
懐かしい。前座の頃、桂南八師匠の仕事で良く来て以来です。
 
南八師匠は寄席のスケに上がると、箱根八里の出囃子で高座に上がり、「開眼式」「火事の引越し」「疝気の虫」「お世辞」なんて小品を良くかけて居ました。
考えてみると、今自分が、箱根八里の出囃子を使わせて頂き、「開眼式」を演って、このネタで北とぴあ若手落語家競演会で奨励賞を頂けたのは、とても光栄な事だと思っております。
 
まあ、開眼式を教わったのは圓雀師匠ですが…。
プチ自慢。
 
 
最初にみずほ台コミュニティセンターで敬老会。
 
春風亭笑松「長屋の花見」
桂夏丸「開帳の雪隠/歌謡ショー」
 
 
歌は、懐メロメドレーだけの予定だったのに、アンコールと言われて、増位山も唄ってしまいました。
 
 
直ぐに主催者の車で移動し、こんだは鶴瀬コミュニティセンターでの若手落語会。
 
桂夏丸「風の神送り」
春風亭笑松「鰻屋」
桂夏丸「置き手紙」
−仲入り−
春風亭笑松「抜け雀」
 
 
 
兄さんありがとうございました。
 
 
先に失礼し、人形町の社会教育会館へ。
 
今日は待ちに待った、桃太郎師匠の唄の会が有るので、ちょっとお邪魔しに参りました。
 
前半が喜太郎さんと桃太郎師匠の落語で、後半が裕次郎唄いまくり11曲位は唄いましたかねぇ?
 
一曲ずつ裕次郎のコスプレをしていちいち少しずつ着替えたりして、そう云う小ネタも楽しみました。
 
途中にトークも挟まり、盛り沢山でした。
 
 
打ち上げにも誘って頂き、今のままでは芸協は駄目だ、とか、色々と為になる話やハッパを掛けて下さり、僕とA太郎さんは黙って相槌を打つのが精一杯でした。
気が付いたら、A太郎さんと二人でコーラを8杯も飲んで居ました。
 
翌日桃太郎師匠にお礼の電話をした処、どうだった?と感想を聞かれたので、師匠は声が低いので裕次郎やフランク永井がとても似合いますよ、と申し上げました。
 
 

 
 
23日は堀之内の妙法寺さんへ堀之内寄席。
 
 
柳亭小痴楽「だくだく」
春雨や風子「悋気の独楽」
−仲入り−
桂夏丸「もう半分」
 
 
最初は「置き手紙」にしようと思って居たのですが、「悋気の独楽」にバカ付きなので急遽「もう半分」。
 
後で自分の録音を聴いてみたら、お寺の鐘の音と混じって居て、急遽にしては上手く行ったと思います。
 
 

 
 
25日は両国亭にて、第28回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆。
 
 
桂竹のこ「大安売り」
桂夏丸「風の神送り」
春雨や雷太「浮世床」
−仲入り−
春雨や雷太「竹の水仙/日本舞踊」
桂夏丸「置き手紙」
 
 

 
 
28日は森下文化センターにて、第11回 深川森下落語会”痛快!二つ目通り”
 
昔昔亭桃之助「親子酒」
《ゲスト》
神田蘭ちゃん「秀吉と吉乃」
桂夏丸「樟脳玉」
 
 
「親子酒」って、落語のタイトルというより、演歌のタイトルのような気がしません?
 
 
 
※写真は、長年の歴史に幕を下ろした二所ノ関部屋(大鵬御殿)の深夜の玄関。
力士の銅像が、寂しげに佇む

« 3月の落語会・寄席出演予定 | トップページ | 池袋と深夜寄席 »

コメント

◆訂正:春雨や風子「悋気の独楽」→春雨や風子「悋気の火の玉」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桃太郎ナイトクラブ“裕次郎を唄う”:

« 3月の落語会・寄席出演予定 | トップページ | 池袋と深夜寄席 »