« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

第5回毎回テーマ設定・たけ平夏丸二人会

第5回毎回テーマ設定・たけ平夏丸二人会
第5回毎回テーマ設定・たけ平夏丸二人会

本日
《第5回 毎回テーマ設定・たけ平夏丸二人会》
でした。
 
たけ平&夏丸「なぜ林家はいつもあんなに元気なのか」
林家たけ平「味噌豆」
桂夏丸「増位山物語」
仲入り
桂夏丸「茄子娘」
林家たけ平「茶の湯」
 
 
偶然タイミングの合った旬な話題を聞きたい皆様、ご来場誠に有難うございました。
 
たけ平兄さん真打ち昇進後初のこの会。
 
 
*祝・林家たけ平真打昇進記念
《第12回・歌で綴る昭和の時代》
7月6日(水)お江戸日本橋亭で開催します。
前半は通常の落語・講談を、後半は昭和の流行歌を各々が数曲ずつ。ぜひご予約を!
林田雄一司会/林家たけ平(落語&歌)、桂夏丸(落語&歌)、神田真紅(講談&歌)

2016年5月29日 (日)

家元

家元

先日林田雄一氏から頂いたダビングDVD
「BS朝日ザ・ドキュメンタリー『天才落語家・立川談志〜異端と呼ばれた男の素顔〜』」
を観る。
 
談志師匠が亡くなったのが平成23年、75歳だったから、今生きて居られたら80歳である。
 
DVDを観て感じたのは、師匠にはもう少し長生きして、落語界のご意見番として存在感を示して欲しかったと云う事。
せめて、少なくともあと5年は生きていて貰いたかった。
 
そうしたら、今のヘンテコな落語ブーム、成金ほか一部の人決まった人しか評価されない・しない・したくない、変な事にスポットライトを当てて特集を組むテレビマスコミ評論家に対して、どの様な意見を仰るのだろうか。
 
また最近落語にハマりだしたファンは談志師匠を(他にも生きて居れば円右、文治、柳昇、夢楽、小円馬、小南、柳好、柳橋、円枝、圓、枝助、夢丸、南八、円雀、痴楽、右紋、柳櫻各師匠だって)どの様に観るのだろうか。
 
非常に興味深い物がある。
 
落語界には立川流家元・談志師匠、そして角界には前理事長・北の湖親方がもう少し長く生きて居れば…と思ったりする今日この頃である。
皆様いかがお過ごしでありましょうか?
 
前置きが長くなりましたが、会の告知をさせて頂きます。
 
*5月30日(月)19:30〜21:30
《第5回・毎回テーマ設定“たけ平夏丸二人会”》
 
らくごカフェ
予約2000円/当日2200円
予約先e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp
 
林家たけ平、桂夏丸(各2席)
トークテーマ;なぜ林家はいつもあんなに元気なのか。偶然旬な話題?
 
ぜひご予約を!
 

2016年5月27日 (金)

雨連雀

雨連雀

「つるつる」を演って欲しいと言われたので、「つる」を2回繰り返すんじゃダメか?と訊いたら、ダメだとの事。
 
 
喫茶店なんかで隣近所の人が「小池さんがさぁ〜云々」とやってると、どうしても鯉毛さんだと思ってしまう。
世間には、恐らく小池さんのほうが多い筈であるけどだ…
そもそも、鯉毛さんは現存しない可能性が高い。
 
 
今日は連雀亭、日替わり昼席でした。
 
東京は久々の雨。
因みに、前回東京に雨が降ったのはいつだったでしょうか?
答えは、僕が前回連雀亭に出た日です。
また、前々回東京に雨が降ったのはいつだったでしょうか?
答えは、僕が前々回連雀亭に出た日だよ。
 
ここで皆さんに重要なお知らせが御座います。
6月3日は、傘の準備をしてお出掛け下さいますよう、宜しくお願いを申し上げます。
 
桂夏丸「都々逸親子」
柳家緑太「持参金」
桂翔丸「貧乏神開帳」
古今亭駒次「夏」
 
 
同い年、緑太さんとガッチリ握手。新十両の記者会見みたいである。

2016年5月23日 (月)

料理

料理

お料理好きな人に、なぜ料理が好きなの?と訊ねたら、全ての事をこちら側(自分)が支配・操作出来るかららしい。
上手く行けばすべてが己の好みの味になり、失敗すればそれは皆自分の責任。そこがたまらなく魅力だと。
 
良く分からないが、
料理=理事会、材料=協会員
みたいなものなのかな?
 
 
さて、そんな訳で新緑の爽やかな今日この頃、皆様ご機嫌いかがお過ごしでしょうか?
初夏の眩しさと共に心を爽快に躍動させるそよ風を感じながら、会の告知をさせて頂きたいと思います。
 
*5月30日(月)19:30〜21:30
《第5回・毎回テーマ設定“たけ平夏丸二人会”》
らくごカフェ
 
予約2000円/当日2200円
予約先e-mail:rakugocafe@hotmail.co.jp
 
林家たけ平、桂夏丸(各2席)
トーク;なぜ林家はいつもあんなに元気なのか?
 
今回はかなり哲学的なテーマとなりました。ぜひご予約を!
 

2016年5月21日 (土)

昭和歌広場

昭和歌広場
昭和歌広場
昭和歌広場

本日は第8回・昭和歌広場、ご来場御礼申上。
 
トークを交え、昭和30年前後の流行歌を本格機器で存分にお聴き頂きました。
 
客席には演芸界歌謡界双方に睨みの利く青空たのし先生もいらして、打ち上げでは昭和歌謡界、演芸界の裏話をたっぷりとして頂き、感謝感激。勉強になりました。
 
 
「ふるさとの燈台」田端義夫
「ロンドンの街角で」小畑実
「夢のフランス航路」岡晴夫
「真室川ブギ」林伊佐緒
「岸壁の母」菊池章子
「高原列車は行く」岡本敦郎
「お富さん」春日八郎
「ハンドル人生」若原一郎
「月がとっても青いから」菅原都々子
「リンゴ村から」三橋美智也
 仲入り
「ここに幸あり」大津美子
「どうせひろった恋だもの」コロムビア・ローズ
「早く帰ってコ」青木光一
「ジョッキで乾杯」曽根史郎
「喜びも悲しみも幾年月」若山彰
「こいさんのラブコール」フランク永井
「釧路の駅でさようなら」三浦洸一
「ら・あさくさ」美空ひばり
「船方さんョ」三波春夫
「人情寄席」村田英雄
 
司会…林田雄一
 
ゲスト解説…保田武宏(演芸評論家)
 
ゲスト…林家たけ平(落語協会新真打)、桂夏丸(落語芸術協会二ツ目)
 
オーディオコーディネート:高山承之
 
 
*祝・林家たけ平真打昇進記念《第12回・歌で綴る昭和の時代》
 
7月6日(水)お江戸日本橋亭で開催します。
 
前半は通常の落語・講談を、後半は昭和の流行歌を各々が数曲ずつ。
 
林田雄一司会
林家たけ平、桂夏丸、神田真紅
 
 
 

2016年5月20日 (金)


*明日平成28年5月21日(土)
 
第8回・昭和歌広場「もはや戦後ではない頃の歌2」
 
会場…神保町らくごカフェ
 
13時開場 13時30分開演 
16時終演(予定)
 
入場料…(予約)2,000円/(当日)2,500円
 
司会…林田雄一
 
ゲスト解説…保田武宏(演芸評論家)
 
ゲスト…林家たけ平(落語協会新真打)、桂夏丸(落語芸術協会二ツ目)
 
オーディオコーディネート:高山承之
 
内容のお問い合わせ・チケット予約はこちらまで
 
 

2016年5月18日 (水)

ワンコイン

ワンコイン

今日は連雀亭ワンコイン寄席へ。
雨の中たくさんのご来場ありがとうございました。
 
桂竹千代「狸〜札・鯉〜」
三遊亭歌太郎「片棒」
桂夏丸「橘ノ圓物語」
 
 
天気予報、前後一週間晴れなのに、今日の連雀亭出勤時間帯だけ雨って凄いですね。
 
 
ワンコイン寄席へご来場のお客様にお願いがございます。
連雀亭きゃたぴら寄席、日替わり寄席、共に入場料1000円です。
500円のワンコイン寄席、なるべく釣り銭の無いよう、500円玉でお願いします。
皆さん揃って千円札や五千円札で出して下さるので、500円玉のお釣り銭が必然的に無くなる。

2016年5月14日 (土)

第16回・ふるさと落語会

第16回・ふるさと落語会
第16回・ふるさと落語会

今日は前橋テルサで第16回・ふるさと落語会です。
 
群馬出身の前座二つ目総出演です。
 
最初、第16回??と思ってネタ帳見たら、前回まで別のスタイルの会だったみたいです。
因みにこれまでのトリが、小さん、談志、志ん朝、小三治、圓楽、歌丸、小朝、昇太、志の輔…
……
 
《第16回・前橋テルサ寄席〜ふるさと落語会〜》
 
満員札止有難うございました。
 
柳家小多け「子ほめ」
立川がじら「手紙無筆」
林家つる子「猫と金魚」
〈ゲスト〉
柳家小里ん「親子酒」
仲入り
古今亭ちよりん「そば清」
三遊亭小円歌「三味線漫談」
桂夏丸「増位山物語」
 
 
名人の師匠方がトリを取った会を新作地噺でハネてやったぜ!
 
 
この会の為に色々とご尽力して下さった小多けさんのお父様、誠に有難うございました。
来年もやるようです。どうぞ宜しくお願い致します。

カラオケ

カラオケ
今日も浅草へ新真打のお手伝いに行きました。

通常打ち上げ参加組は、圓満師匠(円満おじさん)にご馳走になりました。

二次会はカラオケに誘われ(来てほしいと言われ)、蘭、双葉、鯉津、圓楽一門から楽大さんと。
マツコデラックスのコスプレ楽大さん、女子校生のコスプレ双葉さん、噺家のコスプレ夏丸兄さん。

みんな訳の分からない歌ばかり唄う。

2016年5月12日 (木)

栃若時代

栃若時代
栃若時代
栃若時代

昨日は浅草演芸ホールへ、新真打ちの披露目浅草初日のお手伝いに行きました。
 
打ち上げも参加。
 
落語芸術協会相談役、三笑亭笑三師匠(昭和30年前後に活躍した横綱・千代の山、栃錦、若乃花よりも歳上)は、打ち上げでお酒、刺身、天ぷら、蕎麦、アイスクリームを食べて、お帰りになりました。
やはり元気の秘訣です。
 
 
写真は夏丸兄さん(31)と笑三師匠(90)が並んで歩く姿。
 
 
※群馬出身の前座二つ目総出演です。
 
5月14日(土)14:00〜
《ふるさと落語会》
前橋市・前橋テルサ2階ホール
前売1500円/当日2000円
 
桂夏丸、古今亭ちよりん、林家つる子、立川がじら、柳家小多け
柳家小里ん、三遊亭小円歌
 

2016年5月11日 (水)

長寿

長寿
長寿
長寿

10日は新宿末広亭5月上席千秋楽。
ゴールデンウィークも終わり、落ち着いた雰囲気の、少ないながらも良く笑ってくれる客席でした。
 
「増位山物語」
 
後半昼トリの三笑亭笑三師匠も桂米丸師匠も、今年91歳。
食欲旺盛好奇心旺盛、あと声が高いと長寿らしいです、あと顔が長いから?
 

2016年5月 9日 (月)

第57回・白井街かど落語会

第57回・白井街かど落語会

8日は西白井のお食事処・むらさきさんへ。
 
《第57回・白井街かど落語会》
 
にまた呼んで貰いました。
 
三遊亭鳳笑「つる」
桂夏丸「いが栗」
仲入り
三遊亭鳳笑「猫と金魚」
桂夏丸「本日夏場所初日・増位山物語」
 
 
ご来場御礼申し上げます。
 
白井の近く、鎌ヶ谷には今年の夏、元関脇琴錦の朝日山親方率いる朝日山部屋が出来るそう。
群馬県箕郷町出身の琴錦。
 
西白井へは意外と近い。
浅草橋駅から都営浅草線に乗ると、一本で西白井駅に着きます。時間も約40分。
 
浅草橋〜両国間は帰りはジャラジャラと歩く。
今日から大相撲夏場所も始まり、夜の両国橋には相撲の空気が漂って居りました。
 
 

2016年5月 7日 (土)

五月晴れ

五月晴れ
五月晴れ

今日は新宿末広亭、昼サラでした。
 
五月晴れ。ゴールデンウィークも一段落したが沢山の陽気なお客様。
 
「懐かしのCM」
 
トリは最高齢三笑亭笑三師匠。
 
 
「〜ですな」と云う言い回しは、若い噺家が使うととても違和感が有るので絶対に言いませんが、意図的に使うと、ネタや話題の状況によってはとても面白い効果を生み出す場合がありますな。
 
 
 
*明日は第57回・白井街かど落語会です。詳しくはホームページをご覧下さい。
 

2016年5月 6日 (金)

深川東京モダン館

深川東京モダン館

今日は先ず昼間、門前仲町の深川東京モダン館に行き、講談の神田陽子先生と打ち合わせ。
 
夜は連雀亭の日替り夜席でした。
 
柳家かゑる「お父さんのハンディ」
桂翔丸「黄金の大黒」
桂夏丸「おすわどん」
仲入り
桂夏丸「魁傑、男の旅愁」 
 
行方不明1名、成金のやりたい放題急遽代演有りと、スリル満点の寄席と相成りました。
雨の中ご来場誠にありがとうございました。
 
 
明日は新宿末広亭です。
【5月上席新宿末広亭・昼席12時二つ目交互】
桂夏丸…2済、4済、5済、7、10日
桂翔丸…1済、3済、6済、8、9日
 
※昼の部5日迄は桂歌丸師匠芸歴65周年記念興行、6日からは最高齢三笑亭笑三師匠トリ、夜の部は新真打ち披露興行です!
 
 
 

夏のような一日

夏のような一日
夏のような一日
夏のような一日

5日のこどもの日は、天気も良く、夏のような一日となりました。
 
寄席も連日超満員。末広亭5月上席5日目昼サラ。
 
「つる」
 
またまた夜トリまで残り、新真打の打ち上げ参加〜夜中の二次会迄。
家の近い桃之助兄さんと一緒に、新真打ちにタクシーで帰して頂く。
 
 
 
*本日5月6日(金)
日替わり夜席
神田連雀亭
19:00〜20:30/千円
 
柳家かゑる㈹
春風亭昇々
三遊亭鳳笑
トリ;桂夏丸
 

2016年5月 4日 (水)

想ひ出

想ひ出
想ひ出
想ひ出

新真打、神田鯉栄先生(きらりお姉さん)は、僕が高校3年になる頃かな?浅草演芸ホールの初高座を客席で見ています。
 
橘ノ圓満師匠(円満おじさん)は、車の運転が好きで、会の帰り等、夜の都会を方々ドライブがてら送ってくれました。
 
三笑亭可風師匠(亀兄さん)は、僕が高校3年の時、浅草の客用トイレで並んで小便をしました。
 
 
今日は新宿末広亭5月上席4日目、昼サラでした。超満員。
 
「寄席風景」
 
今日も夜トリまで残り、新真打ちの打ち上げでもご馳走になりました。ありがとうございました。
 
 

2016年5月 3日 (火)

新宿末広亭・5 月上席

新宿末広亭・5<br />
 月上席
新宿末広亭・5<br />
 月上席

〜5月上席は新宿末広亭〜
 
今日は新宿末広亭5月上席2日目、昼サラ自分は初日でした。
 
「開眼式」
 
開演前から長蛇の列。
一番太鼓が入る前なのにこの行列。末広亭の裏側じゃないか!!
 
 
昼は桂歌丸師匠芸歴65周年記念で座談会有、夜は真打ち披露興行で口上有。
どちらも楽しめますよ。
 
【5月上席新宿末広亭・昼席12時二つ目交互】
桂夏丸…2、4、5、7、10日
桂翔丸…1、3、6、8、9日
 
※昼の部5日迄は桂歌丸師匠芸歴65周年記念興行、6日からは最高齢三笑亭笑三師匠トリ、夜の部は新真打ち披露興行です!
 
【座談会写真提供:瞳ナナ】
 
 
 

2016年5月 2日 (月)

特別興行

特別興行
特別興行

1日は神田連雀亭のゴールデンウィーク特別興行第2部仲入りに出ましたの。
 
「開眼式〜歌謡ショウ」
 
特別興行だから特別っぽく。
客席は通常興行っぽく、10人未満でした。
 
 
2日は新宿末広亭12時上がり。
桂歌丸師匠の芸歴65周年と、夜トリ迄残り、新真打におめでとうを言います。
 
【5月上席新宿末広亭・昼席12時二つ目交互】
桂夏丸…2、4、5、7、10日
桂翔丸…1、3、6、8、9日
 
※昼の部5日迄は桂歌丸師匠芸歴65周年記念興行、6日からは最高齢三笑亭笑三師匠のトリ、夜の部は新真打ち披露興行です!
 
 

2016年5月 1日 (日)

ゴールデンウィークへ

ゴールデンウィークへ
ゴールデンウィークへ

30日も浅草演芸ホールへ。
 
左圓馬師匠の代演で参りました。
 
13:45上がり「つる」
 
我々寄席の世界と云うのは、前座(開口一番)から二つ目(2番目)、たまにクイツキ(仲入り後開口一番)、そして真打ち昇進で披露興行はご褒美にトリ、終わると再び振り出しの浅い(早い)出番から、徐々に出世(ですから膝前や仲入り前は最終到達地点)をするような番付編成ですので、このような時間帯に3回も出られたのは、大変に貴重な経験となった訳であるのです。
 
 
成金メンバーならこんなのどうって事ないんでしょう。
池袋余一会で興行打ったり国立演芸場で興行打ったり、おいしい事沢山やらせて貰えますからね。
 
GWで賑やかな浅草でした。
 
*もう新緑の5月。
1日は神田連雀亭の、ゴールデンウィーク特別興行第2部仲入りに出ますので、そちらでお会いしましょう。それまでごきげんよう。
 
 
 
【5月上席新宿末広亭・昼席12時二つ目交互】
桂夏丸…2、4、5、7、10日
桂翔丸…1、3、6、8、9日
 
※昼の部5日迄は桂歌丸師匠芸歴65周年記念興行、6日からは最高齢三笑亭笑三師匠のトリ、夜の部は新真打ち披露興行です!
 
こちらも是非!

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »