« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

昭和の日

昭和の日
昭和の日

昨日29日(昭和の日)
 
《第16回・落語と講談で綴る昭和の世界》
於;道楽亭
 
神田真紅「名探偵岩井三郎登場」
桂夏丸「洗濯物」
仲入り
桂夏丸「青い鳥」
神田真紅「江戸川乱歩誕生」
 
でした。
 
今日の僕の2席は、米丸師匠と圓右師匠がいずれも昭和40年代に発表した作品。
昭和の日にはぴったりの会で有ります。
ご来場有難うございましたm(__)m
 
 

2017年4月28日 (金)

第12回・ごごらく

第12回・ごごらく
第12回・ごごらく
第12回・ごごらく

毎年一つずつ歳を取って居るのに、毎年必ず「お若いわね〜」と言われます。
ではいつになると「お若いわね〜」と言われなくなるのだろう?そして、「お若いわね〜」と言うその人自身は、もう「お若いわね〜」とは言われなくなってしまったのでしょうか!?
 
少なくとも世界最高齢の人に若いわねぇとは言わないだろうから、でもその人だって若い頃は若いねぇとは言われたでしょう…だから言われなくなる時期はいつか必ずや来る筈…
 
不思議な現象とは面白いものでね、もしかしたら最初に僕に「お若いわね〜」と言った人はその時点で、今の自分より若かったかも知れません。
 
また、例えば自分より歳が一つ上の人が僕を見て「お若いわね〜」とはあまり言わないだろう、つまりある程度年齢の離れた人に言う訳で、またその離れた歳の人とは当たり前だが年齢差が縮まる訳は無く、そうなるとその人が「お若いわね」と言った「お若い人(この場合必ずしも若い訳ではない、100歳から見れば90歳だって若いだろう)」に対しては常に「お若いわね」と言い続ける事も可能ではありまた、言う側だって毎年歳を取る訳だから、その人にとって「若い」と映る人の数は毎年必ず増えて行く、そうするとその言葉を発する機会も格段と多くなる訳ですよ。となると言う側も大変だぞこりゃ。忙しくなる。
見た目は老けてゆくのに若いと言われ続ける状態が暫く続く可能性もあります(笑)
 
何だか考えれば考える程難しいです。
 
今日は
《第12回・ごごらく》
於;なかの芸能小劇場
 
三遊亭歌太郎「片棒」
柳亭市弥「禁酒番屋」
仲入り
三遊亭歌太郎「居残り佐平次」
桂夏丸「玄関の扉/歌謡ショウ」
 
沢山のご来場有難うございました。
 
市弥さんに正しい袴のはき方を教えて貰いました。ありがとう。
 
次回は7月28日!
 
 
*明日4月29日(昭和の日)14:00〜
《第16回・落語と講談で綴る昭和の世界》
道楽亭
 
予約2000円/当日2300円
終演後希望者3000円懇親会
 
桂夏丸:洗濯物(古城一兵・作)他
神田真紅:江戸川乱歩、他
 
出演者予約可☆昭和の日の昭和の世界
 
 
 

2017年4月26日 (水)




*4月28日(金)13:45〜16:00
《第12回・ごごらく》
なかの芸能小劇場
 
1000円(当日は売り切れが予想されます。是非ご予約を)
 
桂夏丸、三遊亭歌太郎、柳亭市弥
 
 
*4月29日(昭和の日)14:00〜
《第16回・落語と講談で綴る昭和の世界》
道楽亭
 
予約2000円/当日2300円
終演後希望者3000円懇親会
 
桂夏丸:洗濯物(古城一兵・作)他
神田真紅:江戸川乱歩、他
 
出演者予約可☆昭和の日の昭和の世界
 
 
*5月3日(祝)14:00〜
《第3回・夏丸ヒットパレード》
新宿三丁目・マイクロシアター電撃座
 
予約1500円/当日2000円
※終演後希望者別途懇親会
予約先:電撃座メールまたは電話0362730430または桂夏丸へ
 
◆落語と歌
 

2017年4月23日 (日)

代演

代演
代演

今日は浅草演芸ホール夜サラ、真紅ちゃんの代演に行きました。
 
「懐かしのCM」
 
表は何かお祭りみたいで、特設ステージにチンドン屋とかで大騒ぎ。
客席も賑やかでした。
 
 
写真:東京丸・京平先生。漫才は大概並んで同じ方向を向くが、離れて向かい合う

2017年4月22日 (土)

第9回・にぎわい&にしよこ寄席

第9回・にぎわい&にしよこ寄席
第9回・にぎわい&にしよこ寄席
第9回・にぎわい&にしよこ寄席

今日は横浜にぎわい座共催
 
《第9回・にぎわい&にしよこ寄席》
 
於;西横浜・生活創造空間にし
 
桂夏丸「代書屋」
橘ノ双葉「猿後家」
仲入り
橘ノ双葉「寿限無」
桂夏丸「神奈川宿〜歌謡ショー」
 
でした。
沢山のご来場御礼申し上げます。
小学校の同級生が来てくれて、20年ぶりに会いました!
 
最後は毎回来てくれる団体様と記念撮影。
目指せ第100回公演(年に2回ずつ)
 
 
本当に“しとしと”とだけ降る、黄昏時の雨の風情はいい感じ。 
 
 
明日は浅草演芸ホール夜席16:55上がり、真紅ちゃんの代演です。

2017年4月20日 (木)

昭和の時間

昭和の時間
昭和の時間
昭和の時間

昭和っぽいネコを発見。
 
 
*第9回目の
《にぎわい&にしよこ寄席》
は、4月22日(土)13時開演。
母ちゃん落語家の橘ノ双葉さんが助っ人です。
ご来場お待ちして居ります。駅から徒歩1分です。
 
 
*4月29日(昭和の日)14:00〜
《第16回・落語と講談で綴る昭和の世界》
道楽亭
 
予約2000円/当日2300円
終演後希望者3000円懇親会
 
桂夏丸:洗濯物(古城一兵・作)他
神田真紅:江戸川乱歩、他
 
出演者予約可☆昭和の日の昭和の世界
 
 
*5月3日(祝)14:00〜
《第3回・夏丸ヒットパレード》
新宿三丁目・マイクロシアター電撃座
 
予約1500円/当日2000円
※終演後希望者別途懇親会
予約先:電撃座メールまたは電話0362730430または桂夏丸へ
 
◆落語と歌
 
 
 

2017年4月18日 (火)

アレンジ

アレンジ
アレンジ
アレンジ

17日は連雀亭ワンコイン寄席から。
 
林家つる子「スライダー課長」
桂夏丸「神奈川宿」
桂三木男「お化け長屋」
 
ほぼ満員のお客様。ご来場有難う御座います。
 
 
夕方は新宿のスタジオへ。
“アロハマンダラーズ”今年初の練習です。
去年とはまた、内容等多少アレンジされています。
 
新宿末広亭8月中席昼の部!

2017年4月16日 (日)

千秋楽

千秋楽
千秋楽

昨日も上野広小路亭へ。
 
千秋楽です。ありがとうございました。
 
里光兄さんと出番入れ替えで13時上がり。
 
「茄子娘」
 
今日は暑くなりました。
今年初の茄子娘。茄子娘のしっくり来る季節となって来ました。
 
時間が詰まって居たので、延ばそうと沢山ゆっくり喋っていたら返って時間が足りなくなってしまい、後半早口、時間オーバーと云う…( ´△`)
 
 
*明日17日(月)は、
神田連雀亭ワンコイン寄席です。
11:30〜12:30/500円
林家つる子、桂夏丸、桂三木男

2017年4月14日 (金)

孤独

上野広小路亭/神田連雀亭

本日も昼は上野広小路亭へ。
「太閤の猿」
 
夜は連雀亭日替わり夜席、ランランらんらん神田蘭の代演です。
 
三遊亭遊里「庭蟹」
三遊亭美るく「長屋の花見〜おかみさん編」
桂夏丸「玄関の扉」
立川志獅丸「引っ越しの夢」
 
連雀亭に出るとほぼ確実に自分が一番上になるのですが、志獅丸兄さんは数少ないメンバーの中の先輩で有ります。どんな社会でも?一番上になると案外孤独だったりします、今夜はなんだか安心感が有るのです。分かるかなぁ。
 
ご来場有難御座候。
 
桃之助兄さんが昨日、寄席でテレビのロケがあって多少参加したのでもしかしたら自分映るかも知れない、いや、ひょっとしたら殆どカットされるかも知れないですけどね、とりあえず明日!観て下さい〜と言っていましたが、観た方によると、全カット、まったく映って居なかったそうです。
まぁ人生なんてそんなもんですよ。ガッカリしないで下さい兄さん。
 
僕も以前、成金ばかり可愛がるNHKにインタビュー撮られた事有りますが、放送なんか見もしなかったですもの。
後日、関連人物に聞いてみたら、全カットだったそうです。
その時心の中で「うふふん♪」て言いました。
 

沢山

沢山
沢山
沢山

ベンチに座って缶コーヒーを飲んでるサラリーマン風おじさんの周りを、一羽のハトがくるくる歩く、そんな4月の昼下がり。
 
 
13日も先ずは上野広小路へ。
「懐かしのCM」
 
満員のご来場でして、「鈴本に行ったら改修工事中で休みだったからこちらに来た方もいらっしゃるんではないでしょうか?」
と言ったら大いにウケましたが…
 
 
夜は
《第36回・深川森下落語会“痛快!二つ目通り”》
於;森下文化センター4階和室
 
桂夏丸「新釈・若返りの泉(神田蘭・原作)」
昔昔亭A太郎「不動坊」
昔昔亭桃之助「寝床」
 
でした。
打ち上げは3人で将来の事など談義。
 
どちらも沢山のご来場御礼申上候。
 
 
 

2017年4月13日 (木)

アロハマンダラーズ

アロハマンダラーズ

今日はまず上野広小路亭へ。
「玄関の扉」
 
その後、両国亭へ移動し、三遊亭好の助さんと稽古。
 
最後は赤羽へ。
『アロハマンダラーズ』のメンバーで今年初の顔合わせ。
打ち合わせと決起集会でした。
早くも練習が始まるのだそうです、今年はどんな感じになりますやら。
 
柳橋師匠が諸用でお帰りになると、写真のメンバーは皆B型。
因みに柳橋師匠はO型だそうです(おかみさん談)
 
 

2017年4月12日 (水)

珍歌

珍歌
珍歌

昨日から上野広小路亭、12:25の出番です。15日迄出ます。
 
「神奈川宿」
 
トリは三遊亭遊史郎師匠です。マクラで、妙な歌を唄って居て思わずひっくり返ってしまいました。
どんな歌かは会場で聴いてみて下さい。
 
 
*4月13日(木)19:30〜21:00
《第36回・深川森下落語会“痛快!二つ目通り”》
 
森下文化センター4階和室
 
1000円
 
昔昔亭桃之助、桂夏丸
ゲスト昔昔亭A太郎
 
真打直前桃之助兄さん。
もうこの会の名称も最後。
 
*14日(金)19:00〜
神田連雀亭日替わり夜席、神田蘭ちゃんの代演に参ります。
三遊亭遊里、三遊亭美るく、桂夏丸、立川志獅子丸

2017年4月 8日 (土)

猫尽くし

猫尽くし
猫尽くし
猫尽くし

今日は昼間、
《第19回・東京ねこりぱ寄席》
於;ネコリパブリック御茶ノ水店
 
夏丸・真紅「猫トーク」
桂夏丸「甲府い」
神田真紅「百猫伝〜小野川真実録〜」
 
満員のご来場誠に有難うございました!
 
はるのすけ君て云うネコちゃん、はるのすけだから餌を握って“春団治!春団治!”ってからかってたら、引っ掻かれました。
 
夜は浅草演芸ホールの双葉さんの代演へ。
 
「洗濯物」
 
こちらはジロリくん。焼きもち〜
臭いでバレたみたい、こちらにもかじられた(笑)

2017年4月 6日 (木)

地元

地元
地元
地元

そういえばウチの故郷の、春風亭昇太師匠そっくりな八百屋のおじさんと、横綱北勝海そっくりな床屋のおばさん、元気かな?
 
 
※4月のねこりぱ寄席の内容です
*4月8日(土)11:00〜13:00(演芸11:30〜)
《第19回・東京ねこりぱ寄席》
 
御茶ノ水・ネコリパブリック東京
入場料2700円(1d付)、演芸投げ銭500〜円
 
桂夏丸、神田真紅:百猫伝
 
お待ちしております(=^ェ^=)

2017年4月 5日 (水)

第33回夏丸演芸館

第33回夏丸演芸館

昨日は
 
《第33回・夏丸演芸館》
於;ミュージックテイト
 
桂夏丸「粗忽長屋」
桂夏丸「新釈・若返りの泉(神田蘭・原作)」
仲入り
桂夏丸「神奈川宿」
林田雄一/桂夏丸「林田チャンチャカチャン」
 
ご来場有難うございました。
「やって」と言われ台本を貰った「若返りの泉」は、蘭ちゃんの原作を元に落語風にアレンジ。新釈落語と云った感じです。
 
次回6月6日で最終回です。
 
 
落語 THE MOVIE で
「金弥め」「目薬」「尻餅」「勘定板」「家見舞」「胴切り」「首提灯」「鷺取り」「後生鰻」「あたま山」なんかが見たい。あとガーコンとカラオケ病院と青い鳥と橘ノ圓物語。
 

2017年4月 2日 (日)

第1回江東モダン亭

第1回江東モダン亭
第1回江東モダン亭

本日は
《第1回・江東モダン亭》
於;門前仲町・深川東京モダン館
 
桂夏丸「会の説明」
三遊亭歌扇「子ほめ」
柳家喬の字「締め込み」
仲入り
松本優子「寄席囃子講座」
桂夏丸「増位山物語〜夕子のお店」
 
でした。初回と云う事で、江東区ゆかりのある若手芸人は出られる人みんな集合。
「夕子のお店」と云う歌はこの門前仲町が舞台になっているんですよ。
第1回目ご来場多謝!
 
◆江東モダン亭、今年度の予定
※いずれも日曜日、14時半開演、深川東京モダン館(前日が必ずモダン講談会)
 
・7月23日…桂夏丸、三遊亭歌扇、他
・10月8日…桂夏丸、柳家喬の字、他
・平成30年1月28日…桂夏丸、他
 
神田陽子先生に「日曜日なんかやんなさいよっ!あっはっはっ」と言われて始まったモダン亭、何卒宜しくお願い致します。
 
客席に、ボンボンブラザースの繁二郎師匠そっくりな方が居て、ひょっとしたら遊びに来たのかな?とか考えたらネタが飛んでしまって、しかし歌謡ショーの時に近寄ったら別人で有りました。
 
 
*4月4日(火)19:30〜21:30
《第33回・夏丸演芸館》
ミュージックテイト西新宿店
 
予約2000円/当日2200円
予約先:ミュージックテイトまたは桂夏丸
 
桂夏丸:新釈・若返りの泉(神田蘭・作/)他二席
林田雄一

2017年4月 1日 (土)

神田小川町から神保町

神田小川町から神保町
神田小川町から神保町
神田小川町から神保町

今日は先ず神田連雀亭へ。ワンコイン寄席でした。
 
三遊亭愛九「平林」
三遊亭遊かり「黄金の大黒」
桂夏丸「おすわどん」
 
遊かりさんは小池百合子さんに似てると言ったら…ウケけました。
ご来場有難うございました。
 
 
次に神保町のらくごカフェへ。
正太郎さんの独演会
《第27回・正太郎コンプレックス》
のゲストに呼んで頂きました。
 
春風亭正太郎「長屋の花見〜火焔太鼓」
桂夏丸「橘ノ圓物語」
仲入り
春風亭正太郎「三枚記請」
 
エイプリルフールにピッタリな圓師匠の物語を。
 
正太郎さんありがとう(^^)
 
 
*明日4月2日(日)14:30〜16:30
《第1回・江東モダン亭》
門前仲町・深川東京モダン館
 
予約2000円/当日2500円
 
桂夏丸、柳家喬の字、三遊亭歌扇、松本優子(三味線)
 
◆江東区ゆかりの若手が出演。前日のモダン講談会と毎回カップリングです。
記念すべき第1回ですから、是非来て下さい。当日券も沢山あり過ぎます。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »