« 猫師匠の前で一席? 保護猫とふれ合える寄席 | 大手小町 | トップページ | 忘年会 »

2018年12月20日 (木)

第714回・東京落語会

14日は、 《第714回・東京落語会》
於;虎ノ門・ニッショーホール

三遊亭あおもり「不精床」桂夏丸「懐かしのCM」春風亭柳好「尻餅」柳亭燕路「鹿政談」三遊亭歌之介「龍馬伝」仲入り立川志らく「八五郎出世」金原亭馬生「笠碁」
に出演して参りました。

真打昇進のお祝い高座です。
前座の頃はまだ霞ヶ関のイイノホールで開催していて、毎月手伝いで行っていました。歌丸師匠の追悼として放送された2007年日本の話芸「紙入れ」の出囃子の太鼓は僕です。
昔のイイノホールは袖から座布団迄の距離が長くて、晩年の圓菊師匠がずいぶんゆっくり時間を割いて上がって居たことを思い出しました。




iPhoneから送信

« 猫師匠の前で一席? 保護猫とふれ合える寄席 | 大手小町 | トップページ | 忘年会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第714回・東京落語会:

« 猫師匠の前で一席? 保護猫とふれ合える寄席 | 大手小町 | トップページ | 忘年会 »