« 三笑亭笑三師匠 | トップページ | 猫師匠の前で一席? 保護猫とふれ合える寄席 | 大手小町 »

2018年12月19日 (水)

猫師匠の前で一席? 保護猫とふれ合える寄席 | 大手小町

@media print { body { margin: 2mm 9mm; }

.original-url {
display: none;
}

#article .float.left {
float: left !important;
}

#article .float.right {
float: right !important;
}

#article .float {
margin-top: 0 !important;
margin-bottom: 0 !important;
}
}



猫師匠の前で一席? 保護猫とふれ合える寄席
南幅俊輔(みなみはば しゅんすけ)2018.12.14



いろいろな猫の生き方(45)







 御茶ノ水(東京・文京)の保護猫カフェ「ネコリパブリック」の寄席に行ってきました。普段は猫たちが過ごしている部屋で行われた落語は、真打ちの落語家さんも登場する本格派。実は猫に関する「落語噺ばなし」は結構多いそう。ただ、登場する猫は化け猫など、けっしてかわいい扱いではありません。そんな落語噺の名誉挽回とばかり、猫たちが寄席の場で大暴れ? オイラが、あちきが「師匠です!」と言わんばかりの姿を見せてくれました。そんな「東京ねこりぱ寄席」の様子をリポートします。 猫とふれ合える和室のスペースに、赤い毛氈もうせんで覆われた高座が用意されています。そして、すでに猫の前座さん?が座布団の上に居座っています。 座布団に座っていた、茶トラ白のひまわりちゃんを背後から襲ったのはキジトラのジェットくん。自分こそ猫落語家だと言うことでしょうか? いつもは面倒見のいいジェットくんですが、今日は与太郎です。次の席のため座布団をひっくり返すのではなく、なぜか全身で温めています。秀吉か? 一席目は桂伸治一門の桂しん乃さんが登場しましたが、座布団はすでに奪われ、その隣のスペースもむすびちゃんが居座っています。 しん乃さんの演目は「初音の三味線」。三味線を弾くと、猫に憑依ひょういされる話なのですが、猫が高座に乗って好き勝手にしています。 猫に負けじと、しん乃さんがミュージカル「キャッツ」の曲を歌い踊り出します。そんな激しい動きにも動じない、我がもの顔の猫たちです。 一席終わって、しん乃さんが南京玉すだれを披露。落語は聞き流していた猫たちも、これには興味津々の様子です。 竹製のすだれが変化し、あっという間に釣り竿ざおに早変わり。先端を動かすと、ハチ割れ猫が飛びついてきます。打ち合わせをしたかのような、すばらしいリアクション。 二席目は桂幸丸師匠の一番弟子の桂夏丸師匠。実は、夏丸師匠は一門の桂歌丸師匠が亡くなる前の今年5月に真打ちに昇進しました。8月に亡くなった歌丸師匠の思い出話を語ってくれました。 夏丸師匠は「置き手紙」を披露。声色や仕草で巧みにキャラクターを演じ分け、お話にどんどん引き込まれていきます。 お噺の最中に、師匠の元にやってきたハチ割れ猫のエイトくん。師匠の前でとる、でかい態度に見ているこちらが、ハラハラと緊張します。 こちらのむすびちゃんは、聞いている客が動かないのをいいことに、膝を枕代わりにして寝ていました。猫好きにはたまらない状況ですけどね。 落語が終わってしばしの猫談議。噺家のお二人とも猫が好きなのを、当の猫たちは感じ取っているのでしょう。なので、好き放題の大師匠のような振る舞いなわけです。 この和室、本来は猫たちのテリトリー。高座に上がった好奇心旺盛な猫以外は、一歩引いて高見の見物をしていました。ちょっとニャンキーって感じですね。 口元のヒゲ柄を見てください。もう1匹猫がいるみたいでしょう。この一芸を見せる「サムくんは里親さんが決まったそうです。 寄席の会場となった保護猫カフェ「ネコリパブリック」では、常時里親さんを募ってます。里親さんになれなくても、猫に会いに来るだけ、グッズの購入だけでも保護猫支援になるそうです。 このように個性的な面々が、皆さんをお待ちしています。左上から時計回りに、アメリカンカールのミックスカロンちゃん。きれいな色のルイくん。15歳の長老、シャルトリューの銀くん。甘えん坊なマリオくん。 人懐っこい猫たちが多く、猫に専用のおやつをあげれば一気に人気者になれます。また「東京ねこりぱ寄席」は定期的公演は今回で最後ですが、今後は不定期に行われます。夏恒例の「夏の猫と怪談の会」は既に2019年の夏に開催が決定しています。自走型保護猫カフェ
「ネコリパブリック 東京お茶の水店」

東京都文京区湯島3-1-9 CRANEビル4階

電話:03-5826-8920 

営業時間:月~金曜日  15:00-20:00 (最終受け付け19:30)

土・日・祝日 11:00-18:00 (最終受け付け17:30)

休日 木曜日(祝日の場合は翌日)

(他にも中野店など複数店舗あり)
http://www.neco-republic.jp/Profile プロフィル

デザイン事務所コイル代表。ソトネコ写真家&グラフィックデザイナー
猫の島「田代島」を訪れたのがきっかけで、「ソトネコたち」の生き方に興味を持ち、瀬戸内や九州の島で猫たちの写真を撮っている。ソトネコサイトの管理者。著書に「ソトネコJAPAN」「ねこ柄まにあ」「のんびり猫旅」「ねこ暦 七十二候」「サーバルパーク」ワル猫だもの」「どやにゃん」「ワル子猫カレンダー2019」「「辛口こねこカレンダー2019」ほか
ソトネコ facebook sotoneko



怖い! かわいい!笑っちゃう?ドヤ顔だけ集めたねこ写真集。

「どやにゃん」南幅俊輔著。(辰巳出版、842円・税込み)


「辛口こねこカレンダーMOOK 2019」南幅俊輔著。  11月7日発売(OAK MOOK、800円・税込み)


「ワル猫カレンダーmook 2019」南幅俊輔著。12月5日発売予定(SUNエンタメ MOOK、800円・税込み)




iPhoneから送信

« 三笑亭笑三師匠 | トップページ | 猫師匠の前で一席? 保護猫とふれ合える寄席 | 大手小町 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫師匠の前で一席? 保護猫とふれ合える寄席 | 大手小町:

« 三笑亭笑三師匠 | トップページ | 猫師匠の前で一席? 保護猫とふれ合える寄席 | 大手小町 »